スタッフブログ

スタッフ紹介
スタッフ&インターン募集中
スタッフブログ
リンク

スタッフブログ

三富新田落ち葉かき研修2017 第2弾!

2017年2月24日

みなさん初めまして!

新人レンジャーの白鳥です!

 

先日の伊澤・舟木チームに引き続き、今回は私、白鳥と、田中、飯田の若手男子3人組が三富新田の落ち葉かき研修に行ってきました!

三富新田は、屋敷地、耕地、平地林(ヤマ)が短冊状に地割されているのが特徴的で、昔ながらの武蔵野の風景を臨むことができます。

 

落ち葉かきイベントで自信を持ってレクチャーできるよう、ここでしっかりプロの技を身に着けます!

DSC_0741a.jpg


まずは熊手で落ち葉を集めます。

コツは、腰を入れて地表の土を掻くように!(写真は飯田)

DSC_0747a.jpg



おち葉は、「ハチホン」という竹製のカゴに入れます。

そろそろカゴいっぱいかな?と思いつつ上から踏み潰すと、まだまだ半分ほどの量!

さらに詰め込みます。

(写真2枚目:左 飯田、右 田中)

DSC_0757a.jpg

DSC_0764a.jpg



熊手だけではなく、両手で落ち葉を集める技も教わりました!

コツをつかみ、終わる頃にはこんなに持てるように♪(写真は白鳥)

P1290030a.jpg



満杯になったハチホンは重さがなんと約70kg

写真のように転がして運ぶのですが、いっぱいに詰め込まれているため、落ち葉はあまりこぼれ落ちません。

DSC_0840a.jpg



ハチホンに詰めた落ち葉は、堆肥置き場に集められます。

次々と積み上げられ、落ち葉の山がどんどん大きくなります。

落ち葉は微生物によって分解され、栄養万点の堆肥になります。

(写真1枚目は今回の落ち葉の山、2枚目は1年経ったもの)

P1290041a.jpg

P1290043a.jpg



後に平地林を見回してみると、地面を埋め尽くしていた落ち葉は、綺麗になくなっていました。達成感も合わさって、とてもすっきりとした気持ちになりました。

DSC_0748a.jpg

DSC_0792a.jpg


地元農家の方によると、今年は周辺施設の要望で木を伐ったため、落ち葉が減ってしまったとのこと。「平地林を残していきたいという思いはあるが、周りからの理解を得るのは難しい」と、残念そうに話していました。


一方で、初めて落ち葉かき体験イベントを開催した際、お金を払ってまで参加してくれることに驚いたそうです。日々失われている緑がある中、自然と共にあった暮らしも、再び注目を集めているようです。時代に合った里山の価値観を発見することで、その魅力を多くの方に伝えることができるのではないかと感じました。

 

三富新田の農家の皆様、貴重な体験とお話し、ありがとうございました!

今日の経験を、今後の活動に活かします!