スタッフブログ

スタッフ紹介
スタッフ&インターン募集中
スタッフブログ
リンク

スタッフブログ

大会の様子をご紹介 ~ARPA&IFPRA国際大会報告~

2013年10月29日 /みどりの国際交流

今回の大会は、参加者600人を迎え、3つの基調講演、54のセッションが3日間にわたり行われました。

ここが大会会場のフェアモント・シャトウ・レイクルイーズ。1890年に開設された歴史あるホテル。大会参加者は宿泊料が値引きされており、そうでなければ、そうそう気軽には泊まれません・・。

 

①大会の様子1.JPG
 
基調講演やランチ、パーティはホテル内の大きなボールルームで行われました。

 

②大会の様子1.JPG③大会の様子1.JPG 

ランチタイムには、ARPAとIFPRAの活動に貢献したボランティアへの表彰式が行われました。

 

④大会の様子1.JPG
 

ポスターセッションのコーナーもあり、日本からは公園財団の平松さんが公園管理運営士の資格について紹介しました。今後、国際資格を作ろうという動きがあるため、日本の事例には関心が高いようです。

 

⑤大会の様子1.JPG
 

バースからも、受付のスペースに、パンフレットや写真本「東京里山物語(日英併記)」を置かせてもらいました。本は評判がよく、もらってくれる人が多くて嬉しい~♪

 

⑥大会の様子1.JPG

 

続きを読む

レイクルイーズ満喫! ~ARPA&IFPRA国際大会報告~

2013年10月29日 /みどりの国際交流

レイクルイーズは、3000m級の山々に囲まれた大きな湖。プレゼンを終えた午後は、大会のプログラムにあるハイキングに参加しました。
ぴかぴかのお天気!それに、意外とあったかい~♪(あとで聞いたら、異例の暖かさだったようで、この二日後には大雪警報が出ました・・)

 

①ハイキング.JPG


 中央で説明しているのは、案内役のロブさん。カルガリー市にある設計コンサルタントのエンジニアです。

 

②ハイキング.JPG
 
「あそこまで登るよ!」と、ロブさんが指さしたのは、はるか彼方の山の上。

ティハウスがあるそうですが・・

え、あそこまで行くの?行けるの・・?(^_^;)。

 

③ハイキング.JPG

 

続きを読む

ロッキー山脈で里山を語る ~ARPA&IFPRA国際大会報告~

2013年10月26日 /みどりの国際交流

カナダ、レイクルイーズでの公園に関する国際大会(ARPA&IFPRA)でのプレゼンテーション、さきほど、無事終了しました! 

今回は、「里山公園の協働型マネジメント」をテーマに、千葉大学名誉教授の田代先生と二人で1時間のセッションを行いました。

私からは、狭山丘陵の都立野山北・六道山公園を事例として話題提供しました。

 

カナダイフプラ①.jpg


 

続きを読む

公園緑地の国際大会でプレゼンテーション!~IFPRAヨーロッパ大会レポート その1~

2012年9月23日 /みどりの国際交流

9月上旬に、スイス・バーゼル市でIFPRA(International Federation of Parks and Recreation Association)のヨーロッパ大会が行われました。http://ifpra.jp/congress/index.html
その中で、NPO birthが行っている、東京でのアーバンガーデニング事例を発表する機会をいただくことができました。

 

発表が決まった5月から、数か月かけて田代順孝先生(千葉大学名誉教授)と準備を重ねてきた成果が実り、プレゼンは大成功でした! 大会レポートを、お届けいたします。

開催地のバーゼル市は、スイスの北、ドイツとフランスの国境近くにあたります。こちらが、大会会場のバーゼル大学。

 

スイス1-1.JPG

続きを読む

ランチタイムは大交流会~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その13~

2012年7月21日 /みどりの国際交流

国際会議では、たくさんの人たちが集まるので、食事タイム=交流タイム! 特にランチタイムは展示会場で行われることが多いので、いろんな情報を得るチャンスです。

今回の会議では、会場であるニューヨーク大学の10階が、ランチ&展示会場でした。

 

NY展_1.jpg

 

思い思いの場所に座ってランチをいただきつつ、おしゃべりします。

 

NY展_2.jpg

 

会場はとってもにぎやか!

 

NY展_3.jpg

続きを読む

暗渠だった川をデイライト!②~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その12~

2012年7月20日 /みどりの国際交流

ソウミル川のデイライトを最初に提案したのは、2000年に設立されたNPO、グラウンドワーク・ヨンカー(当時の団体名。現在はグラウンドワーク・ハドソン谷:Groundwork Hudson Valley  http://www.groundworkhv.org )です。

 

この取り組みにはヨンカー市の協力が欠かせませんが、膨大な費用がかかることもあり、市では夢物語としか考えていなかったようです。なぜならヨンカー市には、目立った収入源もなく、ただでさえ公共事業費が不足していたからです。しかし、グラウンドワーク・ヨンカーは、このデイライト事業が、公園も緑も少なく活気のないヨンカー市をよみがえらせる契機になると考え、粘り強く市との交渉を続けてきました。

 

2001年に、ニューヨーク州環境局から200万円の補助金を得ることができ、このプロジェクトのコーディネーターを雇用することが可能となりました。グラウンドワークでは「ソウミルリバー・コーリション(The Saw Mill River Coalition  http://www.sawmillrivercoalition.org )」と名付けたNPOを発足し、アクションプランを作り始めます。

 

彼女は、このソウミルリバー・コーリションのミトロフさん。グラウンドワークの理事でもあり、このプロジェクトを推進してきた中心人物です。

 

ny12-1.jpg

 

 

続きを読む

暗渠だった川をデイライト!①~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その11~

2012年7月20日 /みどりの国際交流

月曜日の午後は、12のワークショップツアーが行われました。これは参加者の希望に応じてニューヨーク各所の公園緑地に出かけていき、現場を視察しながらNPOや市職員がその場での取り組みを説明するツアーです。

 

会場の外ではボランティアスタッフのジェシカさんが、ツアー名を書いた札を持って待っていました。この会議のボランティアスタッフは、さまざまな団体から集まっていて、彼女はプロスペクトパーク・アライアンス(ニューヨーク市にあるプロスペクトパークの管理運営NPO)のスタッフです(以前はヨセミテ国立公園で働いていたそう)。

 

ny11-1.jpg

続きを読む

公園のようなストリート?!~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その10~

2012年7月19日 /みどりの国際交流

各会場にわかれてのセッションでは、「Different Kind of Street Demonstration: Making Roadways More Like Park(公園のようなストリートをつくる)」に参加。コーディネーターとしてカプラン財団のシティライフプログラム担当のハンセンさんがつき、3人のパネリストがそれぞれに事例紹介をしました。

 

ny10-1.jpg


 

続きを読む

まちをもっと素晴らしく、もっと緑に!:市長講演~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その9~

2012年7月19日 /みどりの国際交流

月曜日の会議は、朝7:15の朝食から始まり、基調講演やディスカッション、36のセッション、12のワークショップツアーが行われ、夜にはブルックリンブリッジパークでのイブニングイベント、さらにオルムステッド(セントラルパークをはじめ多くの公園緑地の設計をしたランドスケープアーキテクト)の生涯を野外スクリーンで鑑賞するという、めいっぱい、フルコースな一日でした。

講演とセッションの会場は、ワシントンスクエアに面するニューヨーク大学です。

 

ny8-1.jpg

続きを読む

ニューヨークのスクエアめぐり④:タイムズスクエア~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その8~

2012年7月19日 /みどりの国際交流

タイムズスクエアといえば、「ニューヨークの危険地帯」の代名詞となるほど、危ない場所だったところです。ブロードウェー、七番街、42丁目通りで囲まれた狭い三角地帯をいい、1904年ここにニューヨーク・タイムズ社が移転してきたため、この名がつきました。特に60~70年代はドラッグや風俗業などの温床となっていましたが、その後ニューヨーク市民の努力により、安全で楽しいエンターテイメントプレイスとしてよみがえりました。

 

ny7-1.jpg

 

たくさんの人の力を集めて、タイムズスクエアをよみがえらせた中心となったのが、タイムズスクエア・アライアンス(Times Square Alliance http://www.timessquarenyc.org )です。代表のトンプキンズさんにお話を伺いました。

 

ny7-2.jpg

続きを読む

ニューヨークのスクエアめぐり③:ブライアントパーク(つづき)~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その7~

2012年7月18日 /みどりの国際交流

ブライアントパークの真ん中は、広々としていますが、ここにたくさんあるのが、

 

ny6-1.jpg
このチェア。
ニューヨーク市内ではどの公園でも見かけるチェアですが、どうしてこんなに使っているかというと、

 

ny6-2.jpg
「女性でも簡単に持てるでしょう。自分の好きな場所に持っていけるチェアなんだ」と、ビーダマンさん。
所定の場所から持っていかれたら困るじゃない!と日本の公園管理者だったら思ってしまいそうですが、ニューヨークでは、"人の居心地のよさ"を最優先にしているんですね!

 

ny6-4.jpg

続きを読む

ニューヨークのスクエアめぐり②:ブライアントパーク~国際会議『Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities』in ニューヨーク レポート その5~

2012年7月18日 /みどりの国際交流

スクエアめぐりは、まだまだ続きます。マンハッタンの南から北へ向かって歩いていくと、だんだんと人通りが増えてきました。

 

ny5-1.jpg

まちなかに、島のようにぽっこりと見えているのが、ブライアントパーク(Bryant Park)です。
スクエアめぐりで、私が一番感銘を受けたのが、この公園です。

 

ny5-2.jpg

園内に入ると、木々の緑もガーデンもとってもきれい。この公園も、1600年代から公園として利用されてきた、古い歴史のある公園です。

 

ny5-3.jpg
みんな、歩き疲れていたので、チェアと冷たい水をすすめられて、ほっと一息。

 

ny5-4.jpg

続きを読む

「ニューヨークのスクエアめぐり①」国際会議「Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities」in ニューヨーク レポート その4

2012年7月17日 /みどりの国際交流

会議2日目には、各所でウィークエンドツアーが開催されました。私は「Trail of the Squares(スクエアめぐり)」に参加。マンハッタンの真っただ中にある、ワシントンスクエアからタイムズスクエアまで、合わせて5つのスクエア(公園・広場)をめぐるツアーです。

 

以前のニューヨークを知っている方ならば、マンハッタンのスクエアといえば、とっても危ない場所、といったイメージがあるのでは。今回のツアーでは、いまや見違えるように変わったスクエアの様子を、各スクエアの管理団体の方から、熱く語っていただきました。

 

まずはワシントンスクエア。5thアベニューの突き当りにどーんと建っているのが、ワシントン大統領就任100周年を記念したワシントン・アーチ。映画にもたくさん登場するアーチですので、見覚えのある方も多いかも。ツアー参加者は、この下に集まりました。

 

ny715-1.jpg


 

続きを読む

「イーストリバー・パークでボランティア②」国際会議「Greater&Greener Re-Imaging Parks for 21st Century Cities」in ニューヨーク レポート その3

2012年7月16日 /みどりの国際交流

イーストリバー・パークは、高速道路沿いにあります。

 

nny3-1.jpg

ボランティア活動は、この高速道路沿いにある歩道橋で行われました。
まずは受付へ。今日のボランティア活動のスポンサーはアウトドアショップの「REI」。大きなロゴが目立ちます。

 

nny3-2.jpg
ボランティアに参加すると、会議のオリジナルTシャツや帽子など記念グッズがもらえます。

 

nny3-3.jpg

続きを読む

「イーストリバー・パークでボランティア①」

2012年7月16日 /みどりの国際交流

会議初日は、各所でツアーやボランティア体験が行われます。私はイーストリバー・パークでのボランティアに参加することにしました。

イーストリバー・パークは、マンハッタンの東南、イースト川沿いにある南北に細長い公園です(約23ha)。イースト川はマンハッタンのウォーターフロントとして、その発展に大きく貢献してきた川です。1930年代初頭に、この川沿いに公園をつくろうという構想が持ち上がりましたが、高価な土地だったために土地取得がたいへんだったとのこと。1939年に開園しました。

川沿いには広々とした遊歩道があります。こんなところで、サイクリングやジョギングができるのは、とっても気持ちがいいですね!

 

nyy2-1.jpg

続きを読む

「21世紀のまちづくりに向けて、公園はどうあるべきか?」

2012年7月14日 /みどりの国際交流

ニューヨークにて、7月14日~17日に、国際都市公園会議「Greater & Greener : Re-Imaging parks for 21st Century Cities」が開催されます。21世紀のまちづくりのために公園を変革させていこう!というテーマですから、これは見逃せない!・・というわけで、またニューヨークにやってまいりました。

4日間の会議の中には、基調講演やセミナーのほか、ボランティアディや公園ツアーなどが盛りだくさんに組まれています。
http://www.urbanparks2012.org/

会議は明日からですが、今日から受付だけオープンしているということで、受付会場へ行ってきました。地下鉄でソーホー(SOHO)と呼ばれる地区まで行って駅の階段を上がると、目の前にどーんとあったのが、こちら。

 

nny1.jpg

 
 

続きを読む

「ニューヨーク市最大の公園で野鳥観察」

2012年7月11日 /みどりの国際交流

週末には、いろいろなプログラムに参加しました。
まずは、朝8:00からの「Birding(野鳥観察会)」に参加。
場所は、ブロンクス地区にあるバン・コートランドパーク(Van Cortland park)。
大きな広場やクリケットのコートが8つもあり、その周りには、自然豊かな森や池が広がる、ニューヨークで一番大きな公園です。

 

240623ブログ①.jpg

続きを読む

「ニューヨークに100万本の木を植えよう!~Million Trees NYC~」

2012年7月11日 /みどりの国際交流

週末第二弾は、「ミリオン ツリーズ ニューヨークシティ(Million trees NYC)」のワークショップに参加。
このプロジェクトは、ニューヨーク市に100万本の木を植えて、緑豊かな街にしよう!というもの。市とNPOとの協働プロジェクトであり、なんとTOYOTAが大スポンサーとなっています。
http://www.milliontreesnyc.org/html/home/home.shtml

ワークショップは、ブロンクス地区の公園にあるレクリエーションセンターという市の施設で行われました。私たちのほかには、ご近所の親子が参加しました。
まずは、担当のキンバリーさん(市の職員)から、プログラムの説明を受けます。
ハンドブックに沿って、プロジェクトの概要から、木の植え方・ケアの方法まで学びました。

 

 

240623ブログmillion-trees-NYC--①.jpg

続きを読む

念願のPPSトレーニング参加! リサーチ in ニューヨーク

2012年6月26日 /みどりの国際交流

ニューヨークで公園緑地に関する国際会議「Great Parks, Great Cities」が開催されたのは、2001年のこと。セントラルパークに隣接するアメリカ自然史博物館を拠点に、世界中からグリーンスペースに関係する行政、市民、造園設計士、企業などが一堂に会する、大きなイベントでした。

 

この会議を主催していたのが、Project for Publicspaces(PPS http://www.pps.org/ )。私はこの会議に参加したことでPPSの存在を知り、そのミッションに感動して、2年連続で会議に参加しました。

 

PPSは、公園や広場など、公共のオープンスペースを、コミュニティの人々の力でもっと素晴らしい場所に変えていこう!というミッションのもと、「プレイスメイキング」という考え方を打ち出し、世界各国でプロジェクトやトレーニングを行っている団体です。

 

1PPS看板.jpg


続きを読む

マンハッタン最南端の公園 Battery Park

2012年6月22日 /みどりの国際交流

6月19日、ヒアリング終了後に訪れたのは、マンハッタン最南端にあるbattery Park。

 

Bttery-Park-(1).jpg
バッテリーとは、「砲兵隊」という意味。かつてオランダ軍やイギリス軍と戦った際に、「砲兵隊」が配置された場所なのだそうです。

 

Bttery-Park-(2).jpg
公園からは、かなり遠目ですが、あの「自由の女神」を眺めることができます。
おや?こんな近くに自由の女神さまが!?

 

Bttery-Park-(3).jpg

続きを読む

Green Space ヒアリング2日目 リサーチinニューヨーク

2012年6月22日 /みどりの国際交流

ヒアリング2日目は、2団体へお邪魔しました。
まずは、『PARTNERSHIP FOR PARKS(パートナーシップ フォー パークス)』。
http://www.itsmypark.org/index.html

 

日本では中間支援NPOの運営はまだまだ難しいのが現状ですが、彼らはまさに、これを専門とするNPO。彼らはどんな運営をして、どんな事業をしているのか?今回のリサーチでは一番興味ある団体です。

 

ニューヨーク市では、セントラルパークなど大きな公園には大きなNPOが入って管理していますが、市内に点在する小さな公園は、行政が直接管理しています。公園予算がカットされる中で、管理が行き届かなくなってしまったり、小さな公園ボランティア団体があっても高齢化や人材不足に陥っていたりと、日本と事情がとても似ています。

 

そのような事情を背景に、もっと地域の人々とともに公園を活性化させ、公園がコミュニティづくりの拠点になるようにしよう!と立ち上げたのが、Partnership for Parks。ニューヨーク市とity Foundation(財団)が、資金を出しあって運営されています。

 

市内5つの地区に担当コーディネーターを派遣して、公園ボランティア団体の立上げや支援、公園でのイベント企画のほか、市民と行政の話合いの場をつくるなど、中間支援ならではの事業を行っています。

 

green-spaceヒアリング2日目-(1).jpg

続きを読む

The High Line ~高架貨物線跡地が空中緑道に~

2012年6月22日 /みどりの国際交流

 

NYで今一番ホットな場所、The High Lineに行ってきました!

 

ny17-1.jpg

しかも、デザインについてランドスケープ・アーキテクトのLisaさん自らがガイドをしてくれるツアーがちょうどあり、参加してきました。(ちなみに15ドル)

 

ny17-4.jpg

 

地上9mにある空中緑道は、1マイル(1.6km)つづきます。

 

y17-5.jpg

もともと貨物線路なので、周りは工場地帯でハドソンリバー沿いです。

 

y17-12.jpg

続きを読む

グリーンスペースのヒアリングがいよいよスタート!

2012年6月22日 /みどりの国際交流

ニューヨークのグリーンスペースに関する様々な団体へのヒアリング'が、本格的にスタート!
記念すべき一日目は、3つの団体に話を聞くことができました。

まず向かったのは、セントラルパークの「conservatory Garden」。
手入れが行き届いた、とても素敵なガーデンです。

 

ny16-1.jpg


「CENTRAL PARK CONSERVANCY」(公園の管理団体)のガーデナーであるDianeさん。団体の歴史や現在の状況、ボランティアのことなど、突撃インタビューに快く答えてくださいました。

 

ny16-2.jpg


 

続きを読む

Central Park

2012年6月18日 /みどりの国際交流

セントラルパークといえば、この風景。
やっとたどり着きました!

 

1.jpg

しかし、期待が大きかったからか、実は大きな感動があまりなかった...?。

 

P1100413.jpg


続きを読む

ご近所さんと公園ガーデニング&お掃除~その2~リサーチ in ニューヨーク

2012年6月18日 /みどりの国際交流

公園内の建物には「 Friends of Westerleigh Park(ウエスタレイ公園友の会)」の横断幕がかかっています。

 

0616-2-1.jpg

こんなポスターもありました。
「ご近所さんが公園のお手入れをしています!あなたも一緒に参加しませんか。毎週土曜日に開催しています」

 

0616-2-2.jpg


リーダーらしき人に声をかけて、東京から来たことを伝えると、とても喜んでくれました。黄色のスタッフTシャツを着ているのが、世話人のジョージさん。・・公園の眼の前に住んでいるそうです。
ほかのボランティアとともに軍手を借りました。

 

0616-2-3.jpg

続きを読む

ご近所さんと公園ガーデニング&お掃除~その1~

2012年6月18日 /みどりの国際交流

ニューヨーク2日目は、週末にあたるため、市内各所でさまざまなボランティア活動やイベントが開催されています。

ニューヨーク市役所のホームページには、トップに市内で催されるボランティア&イベント情報がいっぱい!
http://www.nycgovparks.org/

ここで見つけた「Cleaning Westerleigh Park (ウエスタレイ公園をきれいにしよう)」に参加してみることにしました。

 

続きを読む

コミュニティガーデンin Bronx

2012年6月17日 /みどりの国際交流

NY到着2日目の今日は、少し郊外にあるBronx地区やHarlemにある3つのコミュニティガーデンに行ってきました!
まず行ったのは、Bronxにある「La Finca del Sur」。
こちらのコミュニティガーデンは、Bronx Green-Up というプログラムの一つで、ニューヨーク植物園がサポートしています。手描きのかわいらしい看板の前で。

 

①CG看板の前で.jpg
 まわりは鉄道の線路や、高速道路に囲まれていて、ここだけぽっかり緑があります。

 

②CG-with-train.jpg
 ここでは、土の汚染物質を植物によって減らす実験を行っていて、今日はそのワークショップがある、とのことで行ってきました。情報をくれたのは、以前birthでインターンをしていた村山さんです!彼は今、ニューヨーク植物園の園芸学校で勉強しています。
さっそく簡単なプロジェクトの説明がありました。プロジェクトを進めているのは、コロンビア大学で都市計画の教授をされているKajaさん。

 

③Kajaの説明.jpg

続きを読む

今朝のセントラルパークのお散歩

2012年6月17日 /みどりの国際交流

 アメリカ自然史博物館のバス.jpg

セントラルパークに入ってすぐ、目を奪われたのは、元気に走るノーリードわんこです。

 

 

元気なノーリードわんこ.jpg

かなり多かったですね。

もしかしたら、時間帯でOKとかもあるかもしれないのですが...。

 

 

犬のうんちを処理しなかったら、罰金$1000!.jpg

 犬の糞を放置したら1000ドルの罰金!

 

 

セントラルパークの入り口入ってすぐ.jpg

セントラルパークに入りました。

 

ニューヨーカーのランニング.jpg

 ランニング花盛り!

 

ギボウシが花盛り.jpg

ギボウシが見頃です。

 

 

取り急ぎの写真報告でした。

 

isowaki

ニューヨークに到着しました!

2012年6月16日 /みどりの国際交流

現地時間、6月15日15時頃、
ニューヨーク市にあるジョン・F・ケネディ国際空港に降り立ったのは、
佐藤事務局長を筆頭に矢島、宮奈、礒脇の4名。

 

ny1-1.jpg

 

今回は、緑のまちづくりを進める上で、
公園緑地をどのように活用しているのか?を知るため、
ニューヨーク市の戦略と、それを実現するための各主体のパートナーシップの在り方、
各団体のマネジメント手法について学びます。

 

ny1-2.jpg

 

ホテルに向かう途中、セントラルパークの近くでは、街中をさっそうと走り抜ける馬車に遭遇!
ニューヨークに来たんだなぁと実感しました。

 

ny1-3.jpg

続きを読む

世界で一番美しい道(グレートオーシャンロード)

2011年10月 1日 /みどりの国際交流

グレートオーシャンロードは私たちが滞在しているメルボルンから南西に約90kmのところからスタートし、約260㎞に渡る海岸沿いの道路です。
"世界で一番美しい道"とも言われ、美しい海と国立公園にも指定されている森を満喫できるオーストラリア有数の景勝地です。

 

 


田代先生もオススメのこの場所にバスツアーで行ってきました。

 

1 ocean road.jpg 
この運転手さん、ただ者ではありません!!

運転しながらガイドもしてくれるのですが、ずーーーーーっとしゃべり通し!このエリアの歴史のことはもちろん、ちょっとバスを止めては色々な地元の植物を拝借して説明してくれます。

 

2 plant.jpg

 

 
続きを読む

ワクワクChildren's Garden

2011年9月29日 /みどりの国際交流

Yarra Bend Parkを訪れた日の午後、Royal Botanic Gardenにも足を伸ばしました。

真っ青の看板がとても目を引きます。


2-1 botanic garden.jpg


こちらの私の身長より高い看板。細かく書いてあるのはドナーやサポーターの名前です。

こんなに大きな看板になっているんですね。


2-2 donor sign.jpg


そしてお目当てのChildren's gardenへ!この看板は全てタイルでできています。色もカラフルでかわいい♪


2-3 children's garden.jpg

続きを読む

レンジャーと一緒に回るYarra Bend Park

2011年9月28日 /みどりの国際交流

この日は朝からYarra Bend Parkを訪ねました。
迎えにきてくれたレンジャーのDaveさん。まず、公園全体の航空写真を見せてもらいました。メルボルンの中心地から車で北東に20分ほど。
Yarra川流域に沿ったブッシュとゴルフコースやBBQなどができる芝生エリアの拡がる公園です。


1 map.jpg

続きを読む

みどりのまちづくり戦略inメルボルン

2011年9月27日 /みどりの国際交流

午前中にアルバートパークを訪れたあと、メルボルン市役所へと向かいました。

今回は、市役所の職員に、メルボルン市がいま抱えている大きな問題、「都市林」についてお聞きします。 

タクシーに乗って、フリンダース・ストリート駅を通り、
af1.JPG

ダウンタウンへ向かいます。
af2.JPG

 

まちなかの中心に、メルボルンシティカウンシル(市役所)の建物がありました。


 

af3.JPG 

People&Tree Foundationのジャッキーさんが、ここまで案内してくれました。

入口も受付もとってもおしゃれ!市役所とは思えない?


af4.JPG

 

なんとこのビルは、

 

続きを読む

スポーツと湖の公園、アルバータパーク

2011年9月27日 /みどりの国際交流

朝、Parks VictoriaのレンジャーのJamesがホテルまで迎えに来てくれました。

Parks VictoriaはHealthy Parks,Healthy Peopleをスローガンとしている公園管理組織です。
メルボルンのあるVictoria州の公園を管理しています。
迎えに来てくれた車にもスローガンがのっています。


1 Parks car.jpg

 

訪れたのはAlbert Park。公園の入口にはスポーツ施設の案内表示がたくさん!


2 sport&lec sign.JPG

続きを読む

メルボルン到着!

2011年9月24日 /みどりの国際交流

フレモントでのIFPLAの大会も終わり、パース空港から一路、メルボルン市へ向かいました。昨年4月に訪れて以来のメルボルンは、相変わらず美しいまちです。


oog1.JPG

 

この数日間は、ガーデンシティと呼ばれているメルボルンでの都市計画や公園管理について、市や公園管理団体へのヒアリング&インタビューを行います。

こちらは、私たちが宿泊するホテルです。


oog2.JPG
市が再開発に力を入れているリバーサイドにあり、しかもオープンしたばかりの超高層ビル「ユーレカ・スカイデッキ88」のお隣です。このビルは南半球で最も高い展望台があることで有名です。

これは上らねば!

そのユーレカビルを見上げたら、こんなものが!!

 

oog3.JPG

続きを読む

最後の夜はギャラパーティ!

2011年9月24日 /みどりの国際交流

4日間の会議の最後は、ギャラパーティ。「ギャラ(Gala)」とはお祭りの意味です。

ドレスコードは「after five」。会場に入ると、こーんなライトアップが。


og1.JPG

 

さっそくテーブルのみなさんと記念撮影。


og2.JPG

 

会場全体はこんな感じです。参加者もスタッフも、みんなおしゃれしています。


og3.JPG

 

パーティの最初は、アワード(賞)の発表&受賞式。

コミュニティ参加の部門や、


og4 (1).JPGog5.JPG

 

公園計画の部門など、

 

og6 (1).JPG

 

og7.JPG

 

続きを読む

テクニカルツアー(丘陵、ビジターセンター編~後半~)

2011年9月24日 /みどりの国際交流

テクニカルツアー後半は、場所を移動し、Canning市へ。

こちらはシティホール。古い建物で白い壁や天井には彫刻がされていました。

ここで軽いランチ。

 

 

2-1city hall.jpg

 

市の職員とトラストのスタッフから、ここでの取り組みの概要を伺いました。

ここでは川沿いの湿地を活かした地域の公園づくりを市とトラストがパートナーシップを組んで行っています。

 

2-2 説明.jpg

 

そして外で現場を見学。20082009年に作られたまだ新しい公園で市役所の裏にあります。

 

続きを読む

テクニカルツアー(丘陵、ビジターセンター編~前半~)

2011年9月24日 /みどりの国際交流

この日はテクニカルツアー!

朝会場のホテルに集まり、その後11のツアーにそれぞれ分かれます。

まずは朝一、今回の会議に参加している日本人メンバー全員で集合写真!

公園緑地管理財団、日本公園緑地協会のみなさんと一緒に。

 

 

1 Japanese.jpg

 

 

私が参加したのは"Heading for Hills"という一日のツアー。最初に

訪れたのはPerth Hills National Parks Centre

 

続きを読む

テクニカルツアーの巻

2011年9月23日 /みどりの国際交流

会議の最終日は、郊外へツアーにでかけました。ツアーにもいろんな種類があり、私は田代先生と一緒に、パース市を流れるスワン川の再開発についてのツアー「Going up the Swan」に参加しました。

朝8時にホテル前に集合。バスが到着!


oi1.JPG

スワン川の河口付近からスタート。今日はあいにくの雨。晴れていれば、遠くまで見渡せそうな風景なので、ちょっと残念。このあたりからパース市街にかけては汽水域になっていて、イルカやサメがのぼってくるそうです。


 

oi2.JPG

続きを読む

分科会いろいろ

2011年9月23日 /みどりの国際交流

分科会の中で興味深かったものを少しご報告します。
まずこエネルギーの持続可能な使い方について、賢い科学を使い、楽しみながら行動していこう!という提案。
こちらはエスカレーターの横にある階段が、音の出るピアノに変身!
子供だけでなく、大人もとっても楽しそう。エスカレーターには見向きもせず、階段の上り下りにみんな夢中でした。


1 piano.jpg

続きを読む

分科会がたくさん!

2011年9月22日 /みどりの国際交流

今回の会議は、1日目がウェルカムパーティ、2・3日目が基調講演と分科会、4日目がテクニカルツアーと受賞パーティという構成です。4つの基調講演、30の分科会があり、100人近い講師・パネリストがプレゼンテーションを行います。なかなかのボリュームです!

 

たとえば・・こちらは、オーストラリア第二の都市、メルボルン市のまちづくりについての事例発表です。オーストラリアの都市では、人口が急増しているとのこと。自然とバランスをとりながらの再開発プロジェクトについてのお話。


 

oo1.JPG
続きを読む

会議スタート!

2011年9月20日 /みどりの国際交流

昨日はロットネスト島に行った後、会場となるEsplanade Hotelで受付。
プログラムの詳細など資料の入ったザックをもらいました。


 

1registration.jpg
夜にはウェルカムパーティー♪

会場は海のすぐ近くにある西オーストラリア海洋博物館。
センスのいい展示がたくさんあって、見応え十分!

 

2maritime museum.jpg



会場には地元オーストラリアの方を中心に、多くの方が集まりました。

公園緑地管理財団のみなさんとも合流し、日本からの参加者は全部で7名に!

 

3welcome party.jpg


 

続きを読む

ロットネスト島へ(後半)

2011年9月20日 /みどりの国際交流

島ではたくさんの15のツアーとボランティアガイドツアーなど、たくさんのツアーが用意されています。私たちは、オリバーヒルトレインツアーに参加しました。


o1.JPG 

昔、大砲を運んだという線路を汽車はガタゴト進みます。

坂を上って、島で一番標高の高いオリバーヒルへ。


o2.JPG 

さあ、着きました。ソルトレイクが青々と見渡せます。

 

o3.JPG

続きを読む

ロットネスト島へ(前半)

2011年9月19日 /みどりの国際交流

今日は会議前のプレツアー。

パースやIFPLA大会会場のフレモントからフェリーで行くロットネスト島(Rottnest Island)へGO!

 


写真1.JPG

続きを読む

オーストラリア到着!

2011年9月18日 /みどりの国際交流

今日、オーストラリアに無事到着しました。
明日からオーストラリアのパースで開かれるPLA National Conference and IFPRA Asia-Pacific Congressに参加するため、今回お誘いいただいたIFPRA理事の田代先生(千葉大名誉教授)と、birthからは事務局長の佐藤と矢島が現地入り!
http://www.parksleisure.com.au/conference-information


日本からシドニー経由でパースまで約14時間。時差は1時間ほどしかありませんが、縦の長距離移動でした。
パースにつくと、日本の蒸し暑さを忘れてしまうようなすがすがしさ!
こちらは四季が逆転するので、今は冬が終わって春になるところ。風は少し肌寒いですが、気持ちのいい気候です。


1 Bell Tower.jpg

続きを読む

カンボジアで感じたこと

2011年8月13日 /みどりの国際交流

8月1日~7日の一週間、タイとカンボジアに行ってきました!

タイのバンコクからバスに乗り、5時間かけてカンボジアを目指します。


国境でバスを降りるなり、"自称"政府の役人たちに囲まれます。

本物なのか詐欺師なのかわからぬまま、交渉もむなしく、上乗せ料金でカンボジアビザを取り、入国しました。


 

tai-1.jpg  タイ側国境のビザ発行所
続きを読む

Japan needs you

2011年4月21日 /みどりの国際交流

東北関東大震災の衝撃は、大きく日本社会を揺さぶりました。

日々流れる被災地からのニュース。親を亡くした子供。子を亡くした親。涙涙の毎日です。

また、原発の危機はいまだに先が見えません。不安な日々が続きます。


そんな厳しい状況中、ボランティアやチャリティー活動など、被災地を支援する活動の輪も活発に展開しています。その輪は日本国内にとどまらず、世界的な規模で広がっています。

こうした動きは被災地はもちろんのこと、私たち日本人を勇気づけてくれています。


以前、このBlogで紹介したスイス、ルガノ市での募金活動も大きな成果を上げたようです。ルガノ市に住んでいる日本人がチャリティーイベントを開催し、多くのルガノ市民の賛同を集めました。

 

japneedyou.jpg

続きを読む

Mai non abbandoni.

2011年4月 5日 /みどりの国際交流

アルプスの南。
イタリアとの国境地帯に広がる湖水地域に、ルガノという街があります。
この街に住む日本人が「FRENDS FOR JAPAN」という義援金集めイベントを開きました。
主催者は、朝早くから起き、イベントの準備をしました。

http://www.cranejapan.netsons.org/index_ita.html

 

2010dicembre-- 2011 genfeb marzoaprile 144.jpg

続きを読む

東京の里山で国際親善!

2010年11月 4日 /みどりの国際交流

一昨日は、武蔵村山市の里山民家に、海外からのお客様がお越しになりました。国籍はさまざまです。ベトナム、中南米、アフリカetc.環境教育プログラムの方法を学びに日本にやって来た皆さんです。

 

20101103jica.jpg

続きを読む

Korean eco club

2010年10月19日 /みどりの国際交流

数日前のことです。
韓国のNPOからメールが届きました。


その内容は、
「インターネットでNPO birthの事を見つけました。私の団体でも、川沿いにある公園の管理運営を行っている。
来日する予定があるので、訪問したい」

続きを読む

人生観を変える!

2010年5月12日 /みどりの国際交流

今年2月、サンフランシスコのNPOボランティア体験研修から帰ってきたスタッフに、

「また、行ってみたい?」と尋ねると、

「明日にでも!」

という答えが返ってきました。

「明日は・・・無理 (^_^;)、だけど、また、行かせるよ」

 

100512-jp.jpg

 

続きを読む

Happy Dance!?

2010年4月21日 /みどりの国際交流

佐藤事務局長が参加した公園の国際会議「Healthy Parks」

この会議の中で、ある講演者がある動画を紹介しました。

この動画がbirth内部でうけています。

なんか共感するものがあるからです。

「シンプルで楽しくで元気が出るメッセージ」

一度、ご覧になって下さい。

 

続きを読む

Healthy Parks Ⅵ

2010年4月19日 /みどりの国際交流

会議5日目も、朝から基調講演会、分科会と続きます。

今日はコミュニティ・ビルディングの話題提供を中心に分科会をまわりました。コミュニティ・ビルディングは、日本では「まちづくり」と訳されていることが多いのですが、まちをつくるというと、都市計画とか設計・建築といったハードな感じがします。

 

英語のコミュニティ・ビルディングは、'人と人をつなげる'というやわらかい意味で使われています。コミュニティ・ビルディングがなされることで、(地域社会)の人々の意志が「見える化」し、まちのビジョンを描くことができる、という考え方です。ですから、計画やテクニックは二の次、三の次、まずは人々をつなげることが一番!といった考え方です。

 

 

続きを読む

Healthy Parks Ⅴ

2010年4月16日 /みどりの国際交流

会議も中盤に差し掛かりました。

4日目は、なんとスタートが朝7時!いったいどんな会議なのかと思ったら・・・。

 

 

1ブレックファースト会議.JPG

続きを読む

Healthy Parks Ⅳ

2010年4月15日 /みどりの国際交流

会議3日目は、なんと42種類の分科会が開かれました!

こんなにあると、どこに行こうかと迷ってしまいます。

今回の会議には、健康関係の団体や研究者がたくさん参加しています。

そこで、そちら側の視点で話題提供している分科会に参加することにしました。

 

まずは、オーストラリアのメンタルヘルスの研究者、ロー氏による実践報告です。

 

1分科会ブルー1.jpg 

続きを読む

世界のレンジャー

2010年4月14日 /みどりの国際交流

おはようございます!

こちらは元気にやっております。

それにしても、会議はすごいボリュームです。昨日は一日で基調講演のほかに42の分科会が開かれました。

ところで、昨日うれしいことがありました。

 

 

世界各地のレンジャー.jpg 

続きを読む

♪閑話休題~メルボルンの展示会~

2010年4月13日 /みどりの国際交流

公園の会議が行われているコンベンションセンターは、大きなエキシビション(展示)センターに隣接しています。

 

①エキシビションセンター.jpg

会議が始まった日は日曜日で、エキシビションセンターにはたくさんの人が集まっていました。どうやらなにかの展示会が開かれているようです。

 

②展示会入口.jpg

入口に、ヘルシーフード&ライフスタイルショー と書いてあります。ここもヘルシーか!と思って近づいてみると、入場料が1500円もします(!)。決して安い金額ではないと思うのですが(東京ビッグサイトのエコプロダクツ展は無料です)、チケット売り場には次々と人が並び、大人気です。会議のオープニングまでまだ時間があったので、私ものぞいてみることにしました。

 

③チケット売場に並ぶ人々.jpg

展示会場は、エコプロダクツ展にちょっと似た雰囲気です。たくさんの出店が並んでいます。

 

④展示会場1.jpg市場のようなところや、蜂蜜屋さん、↓

⑤展示会場2.jpg

お寿司のデモンストレーションには人だかりがあり、↓
⑥展示会場3.jpg

zazen(座禅)マークのナチュラルウォーターがあったり、↓

 


⑦展示会場4.jpg

瞑想ルームがあったり、↓


⑧展示会場5.jpg

その横では子どもたちがボールで体操していたり、↓


⑨展示会場6.jpg

そのほか、あらゆる食べ物屋さん、子どもの遊具、指圧、気功・・などなど、ヘルシーにつながるものならば、なんでもあり!、の展示会でした。

ちなみにお隣のホームショー会場にも入れたので、行ってみると、こんな薪ストーブが!


⑩展示会場7.JPG

上ははめこみ型のテレビです。こういう暖炉は、日本にもあるんでしょうか。このコーナーには、オートマチック薪ストーブが、たくさん展示されていました。

 

あちこち試食しながらのんびりしていたら、会議の時間が近づいてきたので、後ろ髪をひかれながら会場をあとにしました。

それにしても、たくさんの人でごったがえしていました。

日本のこういった展示会だと、「その業界」の人が多い感じがしますが、ここでは一般市民が家族や友達と休日を楽しんでいる、という雰囲気です。

お店の人も仕事で来ている、というよりも、お客さんと話すのが楽しい!という感じ。

ホームページもありました。→http://healthyfoodshow.net.au/

 

「ヘルシー」は、いま欧米各国では、誰もが関心をもつキーワード。

普段の生活の中で、量より質を、本物を、市民が求め始めています。

今回の公園会議も、そんな市民の意識がベースにあることを感じます。

 

続きを読む

Healthy Parks Ⅲ

2010年4月13日 /みどりの国際交流

会議も2日目に入りました。あらためて、この会議の目的について、お伝えしたいと思います。

この国際会議では、公園を核として、自然環境と人間の心身の健康そして人生の豊かさとの関係について模索することをめざしています。

大きく、次の4点をテーマとしています。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Healthy Communities 健全なコミュニティー】
  地域社会のつながり、文化的つながり、地域のパートナーシップや政策・計画づくり、経済、開発、観光

【Healthy Parks 健全な公園】
  国土の保護、自然環境の適切な管理、持続可能性、健全な公園のデザインや整備

【Health Participation 健全な参加】
さまざまな文化や背景を持つ人々や広い年齢層の参加促進、施設・サービス、観光やレクリエーション、生涯教育、自然・文化・環境を学ぶ場づくり

【Healthy People 健康な人々】
 精神そして身体の健康促進、早期治療、生活の質の向上、統合的な心の豊かさや自尊心の向上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

オーストラリア国内をはじめ、海外の研究者や専門家を招き、さまざまな切り口から総合的に公園と人間についての分科会(パネルディスカッション、ワークショップ)が行われています。

続きを読む

Healthy Park Ⅱ

2010年4月12日 /みどりの国際交流

メルボルンという都市について、出発前にまわりの人に聞いてみました。

「オーストラリアの首都じゃない?」「オーストラリアの首都はシドニーでしょ。」
 →1927年まで首都でした。

現在の首都は「キャンベラ」です。

 

「オリンピックが開催されたと思うわ」「オリンピックといえばシドニーでしょ。」
 →メルボルンといえばオリンピック!と言ったのは私の母。

確かに1956年に開催されていました。

 

そのようなわけで、オーストラリアといえばシドニーしか知らない私でしたが、この機会に少しメルボルンについて調べてみました。

続きを読む

Healthy Park Ⅰ

2010年4月11日 /みどりの国際交流

オーストラリア、メルボルンにて、4月11日から16日にかけて公園に関する国際会議が開かれています。

会議の名前は、「Healthy Parks Healthy People」。

43の公園や自然環境、福祉、観光、国や市などの団体が、パートナーシップを組んで開催する、大きな会議です。

http://www.healthyparkshealthypeoplecongress.org/

佐藤も初日から参加するため、11日のお昼にメルボルンに到着しました。

飛行場の周りはユーカリだらけで、オーストラリアに来たんだなぁ~と、実感!

 

 

_飛行場のまわりはユーカリだらけ.jpg 

 

 

 

続きを読む

メルボルンに着きました!

2010年4月11日 /みどりの国際交流

前に、このBLOGでお知らせした

「Healthy Parks Healthy People 国際会議 2010」http://www.npo-birth.org/staffblog/2010/01/post-9.html#more

 

に参加するため、オーストラリア メルボルンに来ました。

これから一週間、さまざまな会議に参加します。

会議の様子は、Blogで報告します。

 

ひとまず、到着のご報告です。

 

100411.jpg

犬も歩けば・・・

2010年2月 4日 /みどりの国際交流

1991年6月、ヨーロッパの片隅で、第二次世界大戦後、最悪の内戦がはじまりました。

世に言う「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」です。
一つ国家の中で暮らすセルビア人、クロアチア人、ボシュニャク人が銃火を交えました。
紛争が始まる前は、民族の違いを気にもせず、隣人として平和に暮らしていました。


しかし、紛争が激化するに従い、隣人同士、銃火を交える事態に追い込まれていきました。

 

戦争なので何でもありです。その悲惨さ、残酷さは、言葉にできません。

 

 

9410.jpg 

続きを読む