スタッフブログ

スタッフ紹介
スタッフ&インターン募集中
スタッフブログ
リンク

スタッフブログ

香りの道

2013年2月 3日 /スクランブル

「香道」って知っていますか?
Wikiによれば、「香りを楽しみ、日常を離れた集中と静寂の世界に遊ぶことを目的とした]芸道で、一定の作法のもとに香木を焚き、立ち上る香りを鑑賞するものである。」そうです。その歴史は長く、推古天皇が595年に始まったと伝えられています。


写真は、都立武蔵国分寺公園の野鳥の森です。
今この道を歩くと、なぜかとても良い香りがします。ローリエか、クスノキの香りだと思います。
どうして香道になっているのだろうか?

 

koudou.jpg

続きを読む

古代道路「東山道武蔵路」

2013年2月 3日 /スクランブル

東に向かう海沿いの道なので「東」+「海」+「道」=「東海道」
では、東に向かう山の道は?「東」+「山」+「道」=「東山道」。


今でこそ、幻の古代道路となってしまった東山道ですが、奈良時代には、滋賀県から青森県まで続く重要な道路でした。
その枝道が「東山道武蔵路」。
群馬県の太田市又は栃木県足利市から東京都府中市にあった国府に至る幅12メートルの直線道路だったそうです。どうして自動車もない、電気もない時代に12m幅の、それも直線道路が必要だったのだろうか?


詳しい説明は、こちらのサイトに任せるとして、
http://www.asahi-net.or.jp/~ab9t-ymh/touzando-m/tm-flm10.html
最大の関心事は、「東山道武蔵路は、八国山緑地を貫いていたのか、否か」という点です。

 

kn1.jpg

 

続きを読む

ファーレ立川の「ぴかぴかアート」に参加しました!

2012年3月13日 /スクランブル

3月11日(日)。晴れのち曇り。
ファーレ倶楽部主催「平成23年度第2回ぴかぴかアート」に府中の森公園のコーディネーター兼副所長の羽鳥が参加してきました!主な作業内容は、ファーレ立川の彫刻清掃です。ファーレ立川には、5.9haという狭い面積の中に109か所パブリックアートが設置されており、世界的にも珍しいアートスペースなのです。(ファーレ立川HP:http://www.gws.ne.jp/tama-city/faret/faret.html


 では、なぜ彫刻???

続きを読む

京都で木の活用を考える~「京都ペレット町家ヒノコ」訪問とお宿編~

2012年2月17日 /スクランブル

 講座終了後、さっそく「京都ペレット町家ヒノコ」に伺いました。
ここは京都市の委託を受けて、株式会社Hibana(ヒバナ)が運営しています。
木質ペレットを使った環境にやさしい暮らしの提案をする場として、2010年5月17日にオープンし、木質ペレットの普及を図る拠点、京都市民の皆さんと京都の森をつなぐ場になっています。

ご覧のように、女性陣のやわらかな感覚が存分に発揮された店(?)構え。
ついつい覗いてみたくなりますね。
ちなみにピンクの豚は、バーベキューができるペレットオーブンです。

 

 

kyy-11.jpg

続きを読む

京都で木の活用を考える~「グリーンウッドワークで身近な山の木から暮らしの道具作り」編~

2012年2月16日 /スクランブル

前回からのつづきです。 

 

昼食後は、グリーンウッドワークの講座に参加しました。
グリーンウッドワークとは、生木を使った人力での木工のこと。イギリスでは、昔から技術としたあったグリーンウッドワークが見直され、ムーブメントとなり、いまでは各地で講座が開催され、講師が足りないぐらい盛況だそうです。日本でも、NPO法人グリーンウッドワーク協会がグリーンウッドの普及に力を入れています。

 最初に、岐阜県立森林文化アカデミー准教授の久津輪雅先生より、グリーンウッドワークについてのお話がありました。

 

 グリーンウッドワークの特徴は4つ。
どんな木でも(庭の剪定枝も!)材料になること

 

ky-11.jpg 

電気を使わないので地球に負担をかけないこと


 

ky-12.jpg 

公園でも森でも学校でも自宅でも、どこでもできること
 

ky-13.jpg 

子どもから年配の方まで安全に楽しめること


 

ky-14.jpg 
自然の恵みをいただき、人の力による作業を楽しめることが魅力的ですね!

こんな作品たちも並んでいました。

 

ky-15.jpg

続きを読む

京都で木の活用を考える ~「ペレットわくわく見学ツアー」編~

2012年2月14日 /スクランブル

2月12日の日曜日、今回は京都までやってきました。

午前中は「ペレットわくわく見学ツアー」、午後は「グリーンウッドワークで身近な山の木から暮らしの道具づくり」と、ダブル講座が開催されるのです。主催は京の山杣人工房「自然住宅情報ひろば」・「彩暮」・「風」。佐藤事務局長と丹レンジャーが参加しました。

 
 まず朝集合したのは京都大学宇治キャンパス。主催者の挨拶のあと、大学内にある木質ペレット・太陽熱・電気・ガスとハイブリッドな空調システムを見学しました。後ろに見えるのがペレットタンクです。こちらは京都大学と大阪ガスが共同で研究しているシステムだそう。「森の力 京都株式会社」が製造する木質ペレットを使っています。


 

k-11.jpg 
続きを読む

東山道武蔵路「国分寺遺構」

2012年2月 9日 /スクランブル

前に東山道武蔵路「八国山遺構」についてお知らせしました。
http://www.npo-birth.org/staffblog/2012/02/post-474.html
今日は、武蔵路の終着点に行ってきました。
写真は、1995年に発掘された国分寺遺構です。
右端の黄色い部分が側溝、中央エンジ色部分が12mの武蔵路本道です。
1300年前の古代巨道の上を今も歩くことができます。

 

20120208-11.jpg

続きを読む

東山道武蔵路「八国山遺構」

2012年2月 5日 /スクランブル

今を遡ること1300年前。
時代は奈良時代。
現在の東京はまだ住む人もない広大な野原だった。

 

そんな時代、武蔵野台地を南北に縦断する巨大な道路があった。
上野・下野から南下し、相模の国に至る直線道。幅は12メートル。

「東山道武蔵路」と呼ばれていた。


この道路は、平城京におかれた中央政府が、地方を統制するために作られ、中央の役人や軍隊が利用する官道であった。30キロ毎に道の駅が設置され、馬に乗った中央政府の役人が道を駆け抜けていた。

 

hatikoku-ikou.jpg

 ※写真は、八国山緑地。武蔵路が通っていたと言われていた場所。左赤線部分から右に12メートルほどの長さで、山が窪んでいる。 

 

続きを読む

八国山で下草刈り体験!

2012年1月30日 /スクランブル

昨日、八国山緑地で下草刈りイベントが行われました。
寒風吹き抜ける林の中、参加者5名、スタッフ3名の計8名で下草刈りが行われました。
下草を刈った場所は、去年の台風で大きな木が倒れた場所です。木が倒れたため林床に陽が差し込むようになり、春には山野草が芽吹くことが期待されています。そこで、冬の間にササを刈り払い、山野草の芽吹きを促そうという試みです。

 

まずは、コーディネーターさんから公園の紹介を受けました。
八国山緑地という名は、山頂から八つの国が見えたことから名づけられたそうです。

 

hati291.jpg

 

 

続きを読む

あどけない話。

2012年1月13日 /スクランブル

新宿ガード下の交差点。
普段は東京の空など見ないのだが、長い信号待ちで、思わず見上げた空があまりにも青い。

 

ふと、智恵子抄の一文が頭をよぎる。 

 

「智恵子は東京に空が無いといふ。

ほんとの空が見たいといふ。

私は驚いて空を見る。

(略)
智恵子は遠くを見ながら言ふ。

阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に毎日出ている青い空が智恵子のほんとうの空だといふ。

あどけない空の話である。」

 

120112-1.jpg

続きを読む

わさび一本勝負!

2012年1月 5日 /スクランブル

先日、フォレストマネージャーの松井一郎さんが年始に来てくれました。その際、奥多摩産のワサビを一本、頂戴しました。
このワサビ。ただのワサビではありません。
まず、生産量の少ない東京奥多摩産である。
さらには、鳩ノ巣で森林整備をしているボランティアさんが丹精込めて作ったワサビである。
さて、どうする?
そもそもワサビという食材は、薬味の域を出ない。このワサビを一本、それも美味しく、ありがたく戴くにはどうすれば良いのか?

 

wasabi.jpg

続きを読む

静かな年明け

2012年1月 2日 /スクランブル

今日の東京は天気も良く、初詣や初売りに出かける人でにぎわっていました。公園には、凧揚げの親子が集まっていました。凧揚げは昔、近所の空き地でするものでした。しかし、最近では広い空地もなく、公園が凧を揚げられる数少ない場所となりました。場所は変わっても凧揚げをする子供たちは変わりません。寒さなんてどこ吹く風。凧紐を持った子供たちが北風に向かって勢いよく駆けていました。

世間を騒がせる事件も事故もなく、静かに年が明けました。

 

20120102-f.jpg

 

続きを読む

写真で振り返る2011年 後半

2011年12月27日 /スクランブル

引き続き、後半です。
7月に入っても日本全国を覆う空気は、どことなく重苦しいものがありました。震災の被害者の悲しい知らせは終わることなく続き、原発事故の影響は状況が見えてくればくるほど深刻なものになっていきます。
放射線量を気にする声も大きくなり、野外プログラムの実施には神経を尖らせました。

 

そんな重苦しい空気と関係があるのか、ないのか分かりませんが、今年は捨て犬、捨て猫が多い年でした。

犬は4匹、猫は15匹位いました。ヨークシャーテリア、トイプードル、柴犬、フレンチブルドック。どれも純血種です。

動物愛護センターに連絡して引き取ってもらうのが手っ取り早いのですが、飼い主が名乗り出てこなければ原則殺処分です。「どうしよう?」毎回、体がよじれるほど悩みました。

結局、今年に限っては全部、一旦保護し、里親を探しました。でも、もう頼める所には頼んでしまっているので、来年からは行き詰ってしまうと思います。本当につらく悩ましい問題です。
「捨てないで下さい。」

 

7月.JPG

 

続きを読む

2011クリスマス

2011年12月25日 /スクランブル

今夜は恒例のbirthクリスマスパーティーです。

birthのクリスマスパーティーは、今年で16回目。

今年も盛大に繰り広げられています。

 

chii.jpg

続きを読む

緑とともにある暮らしを考えるセミナー 「エメラルド・ネックレス in Tokyo」

2011年12月24日 /スクランブル

2011年12月9日(金)
新丸ビル内のエコッツェリアにて、緑とともにある暮らしを考えるセミナー 「エメラルド・ネックレス in Tokyo」が開催されました!http://www.tokyo-midori.org/pdf/eco.pdf

 

eme-1.jpg


主催は、一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会、東京の緑を守る将来会議、セブン-イレブン記念財団です。
このセミナーは、緑やエコに関心はあるけれど、なにをしていいかよくわからない、具体的なアクションを起こすまでには至っていない・・という、20~30代の「若者」がターゲット!

そんなわけで、birthからも、8名の「若者」がサポートスタッフとして参加しました。

集まったのは、カメラマンやグラフィックデザイナー、IT関連のサラリーマンなど職種も年齢も様々なみなさん。私たちも含め、約40名が参加しました!

 

まず、「東京の緑を守る将来会議」代表の横張真(東大教授)氏より、ベルリンの事例を交えながら「チョイ農」についてのお話がありました。
「チョイ農」とは、農業にどっぷり浸かるのではなく、例えば、お昼休みの30分、仕事帰りなどちょっとずつ関わっていくというもの。これなら、日々忙しく働くサラリーマンやOLさんなど、若い方々も気軽に参加できますね!

 

写真1.jpg

続きを読む

写真で振り返る2011年 前半

2011年12月22日 /スクランブル

今年は本当に大変な年でした。
東北大震災、福島第一原発の事故。
日本史に残る大きな災害が私たちの暮らしを脅かしました。

 

◇1月
 穏やかな年明けでした。
 みなで新年を祝い、4月から始まる新規事業の成功を願いました。
 写真は里山民家前に立つレンジャー部長「蜂須賀」さんです。着物はご当地村山産の「村山大島紬」です。茶系のアンサンブルに茶献上の帯を締め、貫録たっぷりです。

 

1-1.jpg

続きを読む

冬支度

2011年12月20日 /スクランブル

紅葉が終わり、人気も少なくなった公園。
この時期の風景が一番、むさし野らしいと思います。
写真は、野川公園の風景です。
冬支度をした木々が普段とは違う表情を見せてくれます。

 

黄色い葉をすっかり落とし、魚の骨みたいなっているのはイチョウの木です。

どうやらこのイチョウは、いっせいに葉を落としたようです。

落ち葉が風に飛ばされることなく根元に広がっています。

 

ityou-1.jpg

続きを読む

てっぺん星に願いを託し

2011年12月14日 /スクランブル

目を覚ますと欲しかった宝物が枕元に並んでいました。
足でこぐ赤い乗用車。
オバQの着ぐるみ。
そして長靴の中にはお菓子が一杯詰まっていました。

子供の頃のクリスマスの思い出です。

 

chi-1.jpg

 

続きを読む

大雪

2011年12月 9日 /スクランブル

今朝は東京でも雪が降りました。
一時は激しく降り、野や畑は真っ白でした。
そういえば、12月7日は、二十四節季の「大雪(たいせつ)」でした。大雪は、雪が激しく降り始め、鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころです。

先週まで、里山は、黄色やオレンジ色に染まり、錦絵のように美しかったのですが、昨日あたりからだんだんサビ色に変わってきました。

 

1209--21.jpg

続きを読む

オープンガーデンツアー

2011年12月 9日 /スクランブル

12月3日(土)、武蔵野ガーデン倶楽部主催のオープンガーデンツアーに参加しました。このツアーは、まち歩きを通して、「花と緑の素敵なまち」の魅力を発見・共有する場です。武蔵野市けやきコミュニティセンターに集合すると、お昼まで降っていた雨もあがり、いざツアーにスタートです。 

 

photo01-1.jpg

 

花と緑をみながらまち歩きです♪少し歩いて小道ガーデンに来ました。とても多くの花と緑があり、手入れが行き届いていました。

ここは週3回ボランティアの方が活動していて、第3土曜日にはちょっとしたカフェがオープンするそうです。素敵なデッキやベンチもあり、地域の方が緑を見ながらゆっくり過ごせます。

続きを読む

アウトドア&サイクリングクラブ(仮) vol.3

2011年11月 4日 /スクランブル

 恐怖の!?陣馬山ツアー!
10月25日(火)。曇りのち晴れ。
第3回となるサイクリングツアーに総勢5名で行って参りました~!だんだんとクラブ活動っぽくなってきました。目的地は陣馬山頂上!
陣馬山への行程がどんなものか全く知らない、出発前の一枚↓
恐怖の!?陣馬山ツアー!


 

bc-11.jpg

続きを読む

「第2回 Birth Outdoor Cycling Club~奥多摩駅を目指す!~」

2011年10月 4日 /スクランブル

birth自転車部改め、birth Outdoor Cycling Clubは、都立野山北・六道山公園周辺から片道約32kmの奥多摩駅を目指しました!

 


出発前!.jpg 
順調にスタートし、まずは、青梅駅近くの「勝沼神社」で小休憩。

 

 

続きを読む