トピックス

スタッフ紹介
スタッフ&インターン募集中
スタッフブログ
リンク

トピックス

  • HOME  >  
  • トピックス

 


熊本地震により亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災地の復興をお祈りします。
2016/04/17

「平成28年熊本地震」により、甚大な被害が発生しました。
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

NPO birthは2002年、持続可能な地域づくりのための拠点づくり調査事業(SCOS)」(地球環境基金助成事業)を実施した際、熊本県の各地を訪問させていただき、たくさんの知見を得ることができました。その際に知り合いになった方々とは今もつながりをもって連絡を取り合っています。
また、当団体の職員には熊本県をゆかりにする者もおり、たいへん心配しております。
みなさまの心痛、不安、いかばかりかと思っています。

 被災地の一日でも早い復興とお祈りするとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
平成28年4月17日 NPO birth一同


多摩部の4つの都立公園と西東京市の市立公園の指定管理がはじまりました!
2016/04/01

都立小宮公園

平成28年4月1日より、東京都の南多摩地域にある4つの都立公園(小宮公園、綾南公園、滝山城址公園、大戸緑地)と、西東京市の市立公園の指定管理が開始しました。都民のみなさん、そして西東京市民のみなさんの期待に応える公園管理をしたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。
多摩部の都立公園グループ
西東京市の公園グループ
武蔵野の都立公園グループ
狭山丘陵の公園グループ


一日でも早い復興と亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
2016/03/11

2011年3月11日に発生した東日本大震災から5年の月日が経過しました。
家族を失い、隣人を失い、地域社会を失ってしまった被災者の皆様方の心を察する時、知らず涙がこみ上げてきます。被災地では地域のみなさんのひたむきな努力により、一歩一歩、復興が進んでいると聞いています。未曾有の大災害と、言葉に出来ない悲しみ、苦しみの中にあっても、未来を見つめ、復興の道のりを歩もうとする東北のみなさんの粘り強さ、たくましさには、ただただ頭が下がる思いです。

被災地では、現在、復興の土台づくりが行われています。人が安心して住める地域社会づくりは、やっとスタートしたばかりです。私たちはこれからも被災地、東北とともにありたいと考えております。市民ベース、NPOベースのつながりの中から復興への貢献にチャレンジします。

 被災地の一日でも早い復興とお祈りするとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
平成28年3月11日 NPO birth一同



ここから始める東北支援!!
2016/02/28

東北復興支援

あれから5年か!
こころのどこかにいつも何かひっかかっている。

なにかしたい!
そう思っていたけど、結局、何もしなかった。...

 

3月8日から3月13日。
表参道のギャラリーで東北のお母さんたちが展示会をやる。
「暗い顔をしていてもしょうがない。なにかしようって!」
被災地や避難先で手作りでモノをつくり、それを展示販売する。

行ってみようかな!?
小さな支援になると思う。



あけましておめでとうございます。
2016/01/01

平成28年元旦

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

一昨年度中は、たいへんお世話になりました。
おかげさまで事業も順調に進みました。
ひとえにみなさまのご支援があったからこそだと思っています。

本年、NPO birthは、これまでの事業に加え、新しい公園管理やコンサルティング事業などを展開することになりました。

これまで培ってきたボランティアコーディネートやコミュニティビルド技術、環境保全やインタープリティション技術をフルに活用し、さらに社会貢献できるように努力致します。
変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。


読売新聞に東村山市立北山公園のトウキョウダルマガエル保全PJの記事掲載!
2015/05/24

トウキョウダルマガエル

東村山市立北山公園でトウキョウダルマガエルが危機的な状況に陥っている!
何とかしてほしい。一昨年、地元で保全活動を行っている市民団体やナチュラリストから相次いで要望を頂きました。そこでNPO birth自然環境保全部が中心となって平成26年度、自主的に北山公園の自然環境調査を実施し、その結果を地元の市民団体や東村山市に報告しました。その流れで今年は東村山市の事業として北山公園の自然調査を実施してくれることとなりました。 この保全を巡る動きを読売新聞が記事にしてくれました。「トウキョウ」と冠していながら東京都内では絶滅に瀕しているトウキョウダルマガエル。なんとか有効な保全策を講じて、守り抜きたいと思います。ご協力をお願いします。(新聞記事PDF)
※ご協力いただける方、ご関心がある方はこちらのアドレスまでご連絡下さい。info@npo-birth.org


愛・地球博「地球市民村同窓会」開催されます。
2015/03/20

平成27年元旦2004年に愛知県で開催された愛・地球博「地球市民村」まちにぢみどり館に参加されたみなさま。ご無沙汰しています。
2015年4月4日(土)に昼、夜の2部構成で地球市民村同窓会が開催されます。

ご参加頂ける方は下記のURLからフォームへの入力をお願い致します。...



あけましておめでとうございます。
2015/01/01

平成27年元旦

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
本年、NPO birthは、18年目の年を迎えます。人間に例えると18歳は高校三年生。
大きな岐路になる年回りです。
私たちNPO birthは、これまで培ってきたボランティアコーディネートやコミュニティビルド技術、環境保全やインタープリティション技術をフルに活用し、さらに社会貢献できるように努力致します。変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。


NHK-BS 里山ワンダーランドに、蜂須賀レンジャー出演!
2014/01/28

NHK BSまるごと知りたいAtoZ

平成26年4月26日(土)。NHKBSまるごと知りたい!AtoZ「さあ行こう!里山ワンダーランド」に蜂須賀レンジャー部長が出演しました。司会は関口宏さん。ゲストは、黒谷友香,寺門ジモン,照英,道端カレン,ケビン・ショートです。日本の未来を里山を通して見つめる番組です。蜂須賀さんは、ゲストのみなさんに里山を解説しました。また、クラフト作家の長野修平さん、野山北六道山公園のボランティアのみなさんも出演しています。http://www4.nhk.or.jp/atoz/


NHK総合-生きもの新伝説「ダーウィンが来た」に、自然環境保全部出演!
2014/01/28

ダーウィンが来た

平成26年1月26日(日)。NHK総合-生きもの新伝説「ダーウィンが来た」に、自然環境保全部の久保田潤一が出演しました。番組のタイトルは、「東京 アナグマのキャンパスライフ」です。東京都三鷹市の国際基督教大学構内に生息するアナグマの生態を紹介するものでした。この番組のミニコーナーに、昨年、NPO birthで保護し、育成したアナグマと、保護担当者の久保田潤一が出演しました。番組は、これまで謎だったアナグマの生態と都市に進出してきたアナグマの生活実態を見事に解き明かし、わかりやすく伝える内容でした。関係者のみなさまに感謝します。


井の頭公園のかいぼり。スタッフ齋藤君が東京新聞に登場!
2014/01/26-2

井の頭かいぼり

百周年記念イベントを開催中の都立井の頭公園。このイベントの目玉が井の頭池でのかいぼりです。NPO birthでは、このイベントに4名のスタッフを送り込みました。写真は、東京新聞1月26日号朝刊の記事です。井の頭池のかいぼりを伝える記事の中にひと際大きく写っているのは、なんとNPO birth職員の齋藤創くんです。巨大なハクレンを抱きかかえて満面の笑み。根っからの生き物好きの齋藤君。無邪気な笑顔が新聞記者の心を射止めたのでしょう。関係者のみなさま。お疲れ様でした。


寒い季節だからお外で遊ぼう!「冬のあったかイベント」出揃いました。
2014/01/26

冬のあったかイベント

寒い日が続いています。でも、家の中にいてばかりはいられません。寒い季節だからこそ楽しめるアウトドアイベントがたくさんあります。私たちがたずさわっている公園や緑地で楽しめる冬のイベントをご紹介します。ぜひ、遊びに来て下さい。
都立狭山丘陵地公園
むさし野の都立公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営昭和記念公園


フェィスブック&ツイッター更新中!
2014/01/20

NPO birth twitter facebook

NPO birthでは、フェィスブックやツイッターを利用してイベント情報の発信を行っています。今後もフェィスブックやツイッターを利用した情報発信をより一層充実していく予定です。フェイスブックでの連携やツイッターのフォローよろしくお願いします。
□フェイスブック・アドレス→こちら
□ツイッター・アドレス→こちら


新年あけましておめでとうございます。
2014/01/01

アナグマ

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
1997年12月に発足したNPO birthは、今年17年目を迎えます。
振り返ってみれば、20世紀から21世紀を跨いだこの16年間は、NPO birthにとっても、日本にとっても大きな変化の時代でした。環境問題の深刻化、大きなテロ事件の勃発、本格的なネット社会の到来、原発事故、自然災害の変容など、私たちを取り巻く環境は大きく揺らいでいます。こうした変化に戸惑うことなく、人と自然が共生できる社会をめざし、今年も着実に行動します。よろしくお願いします。


助成金申請書の書き方ワークショップ開催!。9.23(月/祝)。
2013/09/06

セブンイレブン助成金

東京の緑を守る将来会議は、助成金申請書の 書き方ワークショップ &『東京の緑を守ろうプロジェクト助成』説明会を開催します。この助成金は、東京に残る樹林地等の維持保全活動や、緑の少ない市街地において緑を増やす活動、都民が 緑や自然に親しむきっかけをつくる活動等を行う際に、その費用を助成するプログラムです。ワークショップに参加して、助成金をGETして下さい。

詳しくはこちらから


農あるくらしを守るためのキックオフ会議。8.24(土)。東京都庁にて開催!
2013/08/01

農あるくらしを守る

東京の緑を守る将来会議は、農あるくらしを守るためのキックオフ会議を開催します。 農地の問題は、相続や農地法などで非常に複雑で、 なかなか、シンポジウムなどでも話されて来なかったところに 今回は突っ込んでいきたいと思っています。ファシリテーターは、「横張真東京大学大学院教授」。ゲストは「白石好孝さん (練馬白石農園園主)」「小野淳さん(農業生産法人国立ファーム株式会社)」「細江まゆみさん((一財)柏市みどりの基金)」。くらしと農について徹底討論します。詳しくはこちらから。


NPOキャリアフォーラム2013に出展します。
2013/02/14

NPOキャリアフォーラム2013

今年もNPOキャリアフォーラムに出展します。代表、事務局長が会場に出向き、面接にのぞむ予定です。環境やまちづくり、コミュニティビルドを行っているNPOに興味のある方の来場をお待ちしています。
◆日時:2013年2月24日(日) 13:00〜17:00

◆場所:法政大学市ヶ谷キャンパス

◆詳しくはこちらから


ソトコト2013年3月号に丹さんが紹介されました。
2013/02/09

ソトコト

ソトコトで丹さんが紹介されました。タイトルは、「嫁入りレシピ」丹さんがお母さんから教わった料理を紹介しています。その料理とは、「お煮しめ」サトイモ、シイタケ、ニンジン、タケノコなど、根菜類を中心にした煮物。とてもおいしそうです。ソトコト3月号のメインテーマは、「社会を変えるNPOのアイデア集」です。こちらの記事も読みごたえがあります。ぜひご覧ください。


平成25年元旦 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2013/01/01

平成25年元旦明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になりました。
思い起こせば5月、理事の蜂須賀が緊急入院し一時は再起も危ぶまれましたが、おかげさまで復帰も果たしました。6月には東京都とセブンイレブンが進める「東京の緑を守る将来会議」の事務局を務めることとなり、みどりの中間組織として大きな一歩を踏み出し始めました。山あり谷ありの一年でしたが、みなさまのご支援のお蔭で無事過ごすことができました。今年も頑張ってやりたいと思います。変わらぬご支援をお願いします。             (NPO birth一同)


まちに地みどりセミナー「コミュニティガーデンのつくり方」満員御礼!
2012/11/17

コミュニティガーデン

平成24年11月17日。東京の緑を守る将来会議が開催した「コミュニティガーデンのつくり方」セミナーが開催されました。悪天候にも関わらず、多くの方々が参加してくれました。セミナーは2部制で行われました。第一部はコミュニティガーデンでの実習。第二部は講義でした。実習は三鷹市の「かもんガーデン」で花の植え替えに挑戦しました。午後の講義は、ワールドカフェ形式でコミュニティガーデンのつくり方を体験しました。午前午後ともたいへん盛り上がりました。さらに、セブンイレブン緑の基金から助成金の案内もありました。詳細は後日、報告します。


まちに地みどりセミナー「コミュニティガーデンのつくり方」11月17日(土)開催!
2012/10/30

コミュニティガーデン11月17日(土)三鷹市教育センターにて、まちに地みどりセミナー「コミュニティガーデンのつくり方」を開催します。

セミナーでは、コミュニティガーデンのABCから、 三鷹市の事例など、すぐに役立つ具体的な事例を多数ご紹介します。
コミュニティガーデンの活動を行っている方はもちろん、 これから始めたい方、興味がある方におススメです! 参加者にはコミュニティガーデンづくりのノウハウを詰め込んだテキストをプレゼントします。詳しくはココをクリック!!



みどりのまちづくりinTOKYO 2012 大盛況のうちに終了しました!
2012/09/17

みどりの将来会議 東京

平成24年9月17日に東京都庁にて開催しました。会場は参加者174名、スタッフ34名を加え200名を超える人々がみどりのまちづくりについて学び合いました。
この度のシンポジウムでは、江東区の事例を取り上げました。江東区役所が推進するみどりのまちづくり施策、NECソフトがNPOとの協働で展開するCSR活動、NPO法人のビオトープ作りやマンション業者と行政、NPOの協働による公園づくりなど、最新事例が盛りだくさん。たくさんのアイディアを紹介して頂きました。
シンポジウムの詳細は、後日ブログにて紹介します。お楽しみに!



読売新聞にbirthレンジャー平山の紹介記事が掲載されました。
2012/08/09

読売新聞 都立野川公園

本日発行の読売新聞多摩版にレンジャーの平山加奈子の活動が紹介されました。タイトルは「公園を自然体験の場へ」都市住民にとって貴重な自然体験の場である都市公園をフィールドに、とっておきの自然体験を提供できるレンジャーになりたいと、意気込みを語っています。ぜひ、平山レンジャーのガイドウォーク(自然観察会)にご参加ください。
記事はこちらから(PDFファイル)

都立野川公園HP



東京ボランティアセンター情報誌「ネットワーク」に紹介記事が掲載されました。
2012/08/08

東京ボランティアセンター ネットワーク

東京ボランティアセンター・市民活動センターが発行する情報誌「ネットワーク」にNPO birthの紹介記事が掲載されました。タイトルは、「身近なみどりを守るNPO法人「NPO birth」」です。birthの創業期から最近の活動、そして今後の夢などがコンパクトに紹介されています。執筆担当は矢島万理です。ご一読下さい。
入手先:東京ボランティアセンター・市民活動センター
記事はこちらから(PDFファイル2M)



「みどりのまちづくりinTOKYO2012」9月17日(月・祝)開催決定!
2012/07/25

みどりのまちづくり in TOKYO2012

東京都とセブン-イレブン記念財団、東京の緑を守る将来会議は、共同事業「東京の緑を守ろうプロジェクト」の取組として、「東京の緑の将来を考えるシンポジウム」と、「緑を守り育てる市民活動を応援する助成事業」を実施します。
この度のシンポジウムでは、東京都江東区で行われている新しいタイプの緑地保全活動に焦点を当て、実際に現場で活躍しているNPOや市民ボランティア、企業の方、行政マンをパネラーにみじかな緑を守る活動について情報を共有します。
詳しくはこちらから→東京都都市整備局


都市緑化技術2012 No84でNPO birthが紹介されました。
2012/03/20

都市緑化技術 みどりの市民活動

(財)都市緑化機構が発行する機関誌「都市緑化技術」2012 NO84では、みどりの市民活動を特集しました。その特集記事「みどりのNPO」で、NPO birthの活動が紹介されています。NPOを作った背景、これまでの活動概要、成果、今後の展望などが紹介されています。
その他、この号では、みどりの市民活動に関する情報がたくさん出ています。
みどりの市民活動に興味のある方、必見の号です。
詳しくはこちらか→((財)都市緑化機構


東北地方太平洋沖地震で被災したみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。
2012/03/11

 

平成23年3月11日、東北地方太平洋沖を震源とする地震が発生し、大規模な被害をもたらしました。非常に多くの範囲が被災し、多数の死者・行方不明者が出ました。一年が過ぎた今も被災地の苦悩は止んでおらず、現地を中心に復興に向けた努力が行われています。亡くなられたみなさまのご冥福をお祈りするとともに、被災されたみなさまには一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

平成24年3月11日 NPO birth職員一同。


全国ボランティアコーディネーター研究集会2012
2012/01/16

NPO birth 2012

平成24年3月3日(土)〜4日(日)、全国ボランティアコーディネーター研究集会が行われます。テーマは、「つなげよう参加の力」です。さまざまな分野のコーディネーターが全国から集まり、課題解決方法を考え、ノウハウを伝達します。

会場:立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋)

定員:250人

参加費:13,000円

受付締切:平成24年2月15日(水) 詳しくはこちらから!!


現代林業2012年2月号に佐藤事務局長の寄稿文掲載中!
2012/01/15

現代林業全国林業改良普及協会が発行する雑誌「現代林業」2012年2月号に佐藤事務局長の寄稿文が掲載されました。「都市緑地におけるコーディネート:5つのステップ」というタイトルで、ボランティアをコーディネートする際のメソッドを紹介しています。5つのステップは、「想いを集める」「ビジョンをつくる」「学びあう」「実践する」確認する」のフェーズからなるボランティアを活性化する手法です。

詳しくは「現代林業」をご覧ください。

お問い合わせ先:全国林業改良普及協会


新年!明けましておめでとうございます。
2012/01/01

NPO birth 2012NPO birthにとって昨年は大きな飛躍の年でした。管理する公園緑地も拡大し、スタッフも増えました。新しい事業を展開するに当たっては、多くの方々のご支援を頂きました。本当にお世話になりました。

今年は、さらなる飛躍をめざし、スタッフ一同、精進してまいります。みなさまにおいても今年が良い年になりますよう願っています。

よろしくお願いします。

平成24年元旦 NPO birth一同。


JPRN サンフランシスコ・ボランティア研修。好評募集中!
2011/12/23

多摩ら・び レンジャー今年度もJPRNのサンフランシスコ・ボランティア体験プログラムが開催されます。期間は、2012年2月23日(木)〜3月7日(水)の14日間。他に10日間、5日間プランもあります。

ボランティアを極めたい方。人生観をガラリと変えたい方。深い人間関係を学びたい方などにお勧めのプログラムです。

NPO birth職員、絶対お勧めの体験プログラム。

詳しくはこちらから


「多摩ら・び」NPO birthレンジャーが紹介されました!
2011/06/14

多摩ら・び レンジャー多摩地域の魅力を紹介する雑誌「多摩ら・び(武蔵村山特集)」で、NPO birthのレンジャーが紹介されました。武蔵村山市にある都立野山北・六道山公園の案内人として、各スタッフを紹介していただきました。アルピニストの久保田、アーティストの丹、野鳥の専門家の大畑・名執、カワネズミを研究してきた藤本、カタツムリを研究してきた葛西という具合です。この号ではボランティア「伝統食伝え隊」のみなさんも紹介されています。ご関心のある方は、多摩地域の書店でお買い求めください。


佐藤事務局長:人命救助で東京消防庁総監から感謝状授与!
2011/05/02

東京消防庁から人命救助感謝状佐藤事務局長(都立東村山中央公園所長)が去る4月28日、都立東村山中央公園において心肺停止状態に陥り生命の危機に瀕していた男性に対し、適切な救護処置を行い救命したとして、新井雄治東京消防庁消防総監から感謝状を授与されました。

感謝状を授与されたのは第一発見者の男性、佐藤事務局長、島田副所長の3名です。佐藤事務局長は、これからも安全で安心な公園のために貢献したいと表明しました。救命した男性のいち早い社会復帰をお祈りします。

 


狭山丘陵地都立公園‐3月のイベントの開催中止について。
2011/03/19
この度、東北地方太平洋沖地震による計画停電に伴い、下記のイベントを 中止させていただくことになりました。大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご 理解・ご協力をよろしくお願い致します。
・ 3/20 さやまキッズプログラム【狭山公園】
・ 3/27 きてみて里山!春のうららかウォーキング【狭山公園・八国山緑 地・東大和公園】

◇野山北・六道山公園インフォメーションセンター(管理所)
: 〒208−0032 武蔵村山市三ツ木4−2 TEL 042−531−2325

◇狭山公園パークセンター(管理所)
: 〒189−0026 東村山市多摩湖町3−17−19 TEL 042−393−0154

東北地方太平洋沖地震‐お見舞い申し上げます。
2011/03/13

東北地方太平洋沖地震の被災地のみなさま。
謹んでお見舞い申し上げます。
すぐにでも駆けつけたいところですが、諸般の事情により状況を見守っています。
厳しい状況下だとご推察しますが、頑張って生き抜いて下さるよう願っております。

取り急ぎ、お見舞いまで。


NPO/NGO就職・転職合同説明会 2月19日(土)開催!
2011/01/27

NPO/NGO就職 転職NPOサポートセンターは、NPO/NGOで働きたい人、求人情報を知りたい人を対象に「NPOキャリアフォーラム東京」を開催します。 当日は、求人を行っているNPO/NGO30団体以上が出展予定です。NPO birthも参加します。関心のある方はご来場下さい。

■日時:2011年2月19日(土) 13:00〜17:00 

■場所:法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎6階 薩たホール

■連絡先:NPOサポートセンター 03-3547-3206

 


H230122(土)練馬区「松山憩いの森」落ち葉かきと土壌生物調べ!
2011/01/07

練馬憩いの森練馬みどりの機構は、松山憩いの森を育て守る人材を育成するために、冬のイベントを開催します。今回のイベントは、落ち葉かきと土壌生物観察です。顕微鏡を使って土の中に住んでいる小さな生物を観察します。親子向けのプログラムです。練馬区民以外の参加も大歓迎です。冬の屋敷森を一緒に楽しみましょう!    
★報告はこちらから→NPO birth Blog

■日時:平成23年1月22日(土) 10:00〜12:30

■場所:練馬区松山憩いの森

■お問い合わせ:練馬みどりの機構


事業パートナー西武造園 公園スタッフ募集中!
2011/01/05

西武造園公園スタッフ事業パートナーの西武造園が、公園の管理運営スタッフを募集しています。勤務地は、東京都、神奈川県、埼玉県です。職種は、一般事務、企画、催事、緑地管理など、多岐に渡ります。
西武造園は、日本でトップクラスの大きな造園会社でありながらアットホームな会社です。まじめで誠実。NPO birthがもっとも信頼する企業です。造園・緑地管理・施設管理の技術がある方や興味がある方にはおススメです。アクセスしてみて下さい。

詳しくはコチラから


あけましておめでとうございます。
2011/01/01

年賀状今年がみなさまにとって、良い年であることをお祈ります。

 

昨年は、みなさまのお力添えのお陰で順調に事業を進めることができました。
今年は、狭山丘陵の都市公園(4公園)の指定管理に加え、武蔵野台地上の都市公園(9公園2緑地)の指定管理も行う予定になっています。

緑豊かな地域社会づくりのために、全力で取り組みます。
変わらぬご支援をよろしくお願いします。
平成23年元旦 特定非営利活動法人NPO birth 一同


2011春 サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム好評募集中!
2010/12/25

サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム日本太平洋資料ネットワーク(JPRN)が、2011春の「サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム」の募集を始めました。短期間で、社会事業家としてのマインドを醸成できる効率的かつ効果的なプログラムです。主催団体のJPRNは、NPO birthの姉妹団体のような存在です。信頼できる在米の日系NPOです。NPOの職員や行政マン、企業のCSR担当者、社会起業家を志す方にお勧めの研修プログラムです。
詳しくはコチラから


起業家支援シンポジウム1月24日横浜で開催!
2010/12/23

指定管理者起業家支援財団は、社会的企業やNPOの経営者又は起業を志す人を対象に、シンポジウムを開催します。タイトルは「環境・福祉の現場を通して持続可能な組織経営を考える」です。基調講演は早瀬昇氏(大阪ボランティアセンター)、パネラー、佐藤留美(NPO birth)、石井正宏氏(シェアするココロ)、中村美穂氏(支援財団奨学生)、コーディネーター中島智人氏(NPOアリスセンター)です。

◆日時:2011.01.14(金)。18:00〜21:00。

◆場所:関内フューチャーセンター(横浜市)  詳しくは→起業家支援財団HP         


狭山丘陵地公園及び武蔵野グループ公園指定管理者決定!
2010/12/15

指定管理者平成22年東京都議会第4回定例会において、NPO birthを含むJVが東京都狭山丘陵地公園と武蔵野公園グループの指定管理者として承認されました。 期間は、平成23年4月から平成28年3月までの5年間です。 狭山丘陵地公園では、これまでの5年間の実績を踏まえ、都民協働や自然環境保全、地域連携の分野でさらなる飛躍を目指します。 武蔵野公園グループでは、「パークイニシアティブ」というコンセプトのもと、公園を拠点にみどりの街づくりを進めたいと考えています。 公園を拠点に人と自然が共生できる地域社会づくりを進めてまいります。 「まちに地みどりNPO birth」 これからもよろしくお願いします。


セブンイレブンみどりの風でNPO birthの活動が紹介されました!
2010/12/01

セブンイレブンみどりの風セブン-イレブン記念財団が発行する季刊誌:みどりの風「わが街の環境マイスター」で、佐藤事務局長が紹介されました。
NPO birth設立の経緯から、都立公園の管理運営での国土交通大臣賞の受賞、そして、新たなチャレンジである「東京の緑を守る将来会議」の設立について紹介されています。詳しくは、セブンイレブン記念財団まで。


落ち葉を掃いて、環境保全。「落ち葉かき大会」 12月19日(日)参加者募集中!
2010/11/27

平地林落ち葉かきご好評を頂いている小平こげらの森「落ち葉かき大会」。12月19日(日)に決定しました。小平市の平地林を保全している市民団体「こげらの森の会」は、毎年、林内に落ちる落ち葉を集め、小平市の農家にプレゼントしています。この活動は、落ち葉リサイクル、伝統文化の承継という意味の他にも、落ち葉への近隣苦情を緩和する意味もあります。是非、ご友人、ご家族お誘い合わせの上、ご参加下さい。

日時:平成22年12月19日(日) 10:00〜

連絡先:NPO birth佐藤 080-5178−6306又はNPO birth事務局042−467-6306


東京の緑を守ろうプロジェクト 助成団体募集中!
2010/11/18

東京の緑を守ろうプロジェクト東京都とセブン-イレブン記念財団は、2010年2月〜2015年3月の5年間「東京の緑を守ろうプロジェクト」に関する協定を結び、都内に残る樹林地の緑を保全する市民活動の支援を連携・協力して行います。

このプロジェクトは、東京に残された緑を将来に引き継いでいくことを目的に、有識者や樹林地所有者、NPOなどから成る「東京の緑を守る将来会議」を設置して緑の保全に関する普及啓発活動等を行うと共に、東京の緑の保全活動をする市民団体を公募して助成を行います。申請期限は20101130です。是非、チャレンジして下さい。 詳しくはここから!


東京都 都市公園 指定管理者 候補者の決定!
2010/11/16

東京都 都市公園 指定管理者制度東京都は、平成23年度から平成27年度までの都市公園の指定管理者の候補者を発表しました。
NPO birthは、狭山丘陵の公園(4公園)と武蔵野公園グループの9公園2緑道の指定管理者候補となりました。今後は、本年末に開催される都議会での決議をもって正式な指定という運びとなります。
詳しい情報は、東京都のホームページをご覧ください。→ここをクリック
変わらぬご支援をよろしくお願い致します。


COP10 生物多様性フェアに出展(10月18日〜29日)!
2010/10/16

生物多様性フェア cop10  名古屋市で行われている生物多様性条約第10回締約国会議COP10の開催に合わせ、10月18日から10月29日の間、生物多様性フェアが開催されます。このフェアにNPO birthも共同参加します。ユニット名は西武・狭山丘陵パートナーズです。出展内容は、現在、birthが指定管理を行っている里山公園における生物多様性保全の取り組みを紹介します。 出展ブースNOは78です。 因みに、birthが愛知県内で里山関係のPJを行うのは、5年ぶり3度目です。 最初は、1999年に日本野鳥の会と供に行った里山シンポジウム。次は、2005年の愛知万博地球市民村への出展。そして今回の出展です。 生物多様性フェアを見に行かれる方は、是非、お立ち寄りください。


雑木林マイスター入門講座 9月12日(日)から全5回で開催決定!
2010/08/11

雑木林マイスター講座 雑木林の成り立ちや保全の目標設定、手入れ方法など、ボランティア活動に必要な知識や技術を身につけます。
<Point1>雑木林保全管理を、基礎から「体系的」に学べます。
<Point2>森林インストラクターや現役のコンサルタント等、専門性が高く、 経験豊かな講師陣が勢ぞろい!
<Point3>東京都最大の里山公園で、のびのび学習できます。
[事前申込が必要です] 締切:8/31(火)
●詳細、申し込み http://sayamaparks.com/event/n-event/n-e2010/n-zb10-1.html


亀山章特別講演会「里山と生物多様性」10月31日(日) 武蔵村山市総合体育館で開催!
2010/08/10

亀山章 里山と生物多様性 講演会 COP10(生物多様性条約を結んだ国が集まる会議の10回目)が、今年10月 に名古屋で開催されます。この記念すべき年に、里山と生物多様性について 学んでみませんか?
里山や生き物の深い知識と経験をもつ講師が、わかりやすくお話します。
里山と生き物の関わりの奥深さを感じ、新たな視点を身につけましょう!

●日時:10月31日(日)、時間: 10:00〜15:30

●講師:亀山章先生(東京農工大学名誉教授)

●集合場所:武蔵村山市総合体育館(武蔵村山市岸3丁目45−6)

●詳細、申し込み
http://sayamaparks.com/event/n-event/n-e2010/n-zb10-2.html

[事前申込が必要です] 締切:10/15(金)


シンポジウム「東京の緑の今、そしてこれから」8月21日(土)都民ホールで開催!
2010/07/17

東京の緑を守る将来会議東京の緑を守る将来会議は、来る8月21日、都庁都議会議事堂 1階 都民ホールでシンポジウム「東京の緑の今、そしてこれから」を開催します。佐藤事務局長もパネラーとして参加します。
詳しくはコチラから。


第21回 全国トンボサミット 9月4日(土)、5日(日)寄居町で開催!
2010/06/11

全国トンボサミット第21回 全国トンボサミットが、9月4日(土)、5日(日)に、埼玉県寄居町で開催されます。第一日目は、「トンボ観察会」や「史跡めぐりハイキング」など野外イベントが行われます。第二日目は、「トンボ市民サミット」が行われます。今回、サミットの会場となる寄居町は、1990年代初頭、全国的なムーブメントを起こした市民によるトンボ公園づくり発祥の地です。歴史と自然の織りなす美しい町、寄居でのトンボサミットにぜひ、ご参加下さい。ネット―ワークも広がりますよ!→詳しくはコチラから(PDF985kb)


2010夏 サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム好評募集中!
2010/05/12

サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム日本太平洋資料ネットワーク(JPRN)が、2010夏の「サンフランシスコNPOボランティア体験プログラム」の募集を始めました。短期間で、社会事業家としてのマインドを醸成できる効率的かつ効果的なプログラムです。主催団体のJPRNは、NPO birthの姉妹団体のような存在です。信頼できる在米の日系NPOです。NPOの職員や行政マン、企業のCSR担当者、社会起業家を志す方にお勧めの研修プログラムです。
詳しくはコチラから(PDFファイル161kb)


みどりの日、都立野山北・六道山公園の取り組みが読売新聞で紹介されました!
2010/05/04

みどりの日-読売新聞みどりの日、読売新聞に掲載された都市公園の特集記事に、都立野山北・六道山公園の取り組みが紹介されました。タイトルは、「協働による相乗効果を生んだ新たなパークマネジメント」です。市民が主役となって公園づくりを進める新しいタイプの公園として紹介されました。 インタビューに答えているのは佐藤事務局長です。

詳しくはコチラから。(PDFファイル208kb)


佐藤事務局長、第52回「公園緑地全国大会」にパネリスト参加!
2010/04/21

狭山丘陵の里山紹介-読売新聞

平成22年5月13日、14日。長野県大町市で開催される第52回「公園緑地全国大会」に佐藤事務局長がパネリストとして参加します。市民協働型の公園緑地について発表し、議論します。大会は、会議と視察研修の構成で行われ、初日のパネルディスカッションのパネリストとして佐藤が参加します。昨年、公園緑地の管理運営部門で国土交通大臣賞を受賞した「都立野山北・六道山公園」での都民協働の話題や4月にオーストラリアで開催された公園緑地の国際会議の話題を踏まえ、ディスカッションを行います。
一般の方も参加できます。 詳しくは、コチラから。


レンジャー3名、狭山丘陵紹介で、読売新聞に登場!
2010/03/16

狭山丘陵の里山紹介-読売新聞狭山丘陵の都立公園で勤務している3名のレンジャーが読売新聞に登場しました。22年3月2日には、蜂須賀レンジャーが、3月16日には、宮地レンジャーと浅倉コーディネーターが登場しました。
蜂須賀レンジャーは、狭山公園の魅力を紹介し、宮地レンジャーは八国山緑地の見どころを紹介しました。

浅倉氏は、ボランティアで行っているアカマツの保全活動が紹介されました。

詳しくはコチラから。(PDFファイル632kb)


春のうららかウォーキング 3月28日開催 レンジャー結集!
2010/03/07

春のうららかウォーキング開催平成22年3月28日(日)

都立八国山緑地、狭山公園、東大和公園を横断する「春のうららかウォーキング」を開催します。レンジャー部のスタッフが3公園で、ガイドォークを行います。
担当レンジャーは、蜂須賀、丹、大畑、宮地の予定です。
さくら満開!
春の狭山丘陵をレンジャーと一緒に歩きませんか?
詳しい内容はこちからか
→パンフレット(PDFファイル790kb)


多摩から発信!緑のまちづくり とうきゅう環境浄化財団季刊誌「多摩川」に掲載!
2010/02/28

緑のまちづくり多摩川流域の環境保全活動を行っている(財)とうきゅう環境浄化財団の季刊誌「多摩川」に佐藤事務長の寄稿文が開催されました。
タイトルは「多摩から発信!緑のまちづくり」
NPO birthの設立趣旨、経歴、NPO法人としての理念、そして今後の活動方針を明確に語っています。
「公園管理で培ったノウハウを、みどりのまちづくりに活かしていきたい。」
と、熱く語っています。詳しくはこちらから(PDF)。
ご関心のある方は、財団法人とうきゅう環境浄化財団までお問い合わせ下さい。


新宿御苑で身近な自然と人々の営み展示会開催!
2010/01/16

新宿御苑アートギャラリー平成22年1月26日(火)〜平成22年1月31日(日)

新宿御苑アートギャラリーで、「身近な自然と人々の営み」をテーマにした展示会を開催します。展示は蜂須賀レンジャーつくったフォト・エッセーです。

蜂須賀さん独特のセンスで、人と自然の一瞬のかかわりを捉えており、とても感動的で、ちょっと可愛いフォトエッセーです。
birthスタッフがみなさんのお越しをお待ちしています。
場所・内容についてはこちらから!


みどりの市民参加最先端 図書刊行!
2010/01/15

みどりの市民参加本年1月25日、日本林業調査会から「みどりの市民参加」という本が刊行されます。編著は、東京農工大学名誉教授:木平勇吉先生。みどりの市民参加についての最先端の情報が掲載されています。
この本の中で、佐藤事務局長が、「みどりのコーディネーションNPOの可能性」について執筆しています。NPO birthが12年の歴史の中で培ってきた市民協働ノウハウや都立野山北・六道山公園での事例を詳しく解説しています。

ご関心のある方は、日本林業調査会のサイトでご確認下さい。


読売新聞:連載「世のためのシゴト」に佐藤事務局長が登場!
2010/01/09

読売新聞読売新聞、東京多摩版では、「世のためのシゴト」という連載を打ち、新しいタイプの社会サービスを提供する社会起業家を特集しています。
この連載に佐藤事務局長が登場しました。
みどりの市民活動を活性化させるためにNPO birthを設立し、一つ一つステップを踏みながら東京都の公園の指定管理者となるまでが紹介されています。
ご関心がある方は読売新聞まで。
ここをクリック


あけましておめでとうございます。
2010/01/01

年賀状今年がみなさまにとって、良い年であることをお祈ります。

 

昨年は、みなさまのお力添えをいただき、順調に事業を進めることができました。
今年も誠実に、確実に事業を進めていきたいと考えております。
変わらぬご支援を頂くたく存じます。
今年もよろしくお願いします。

平成22年元旦 特定非営利活動法人NPO birth 一同

造園学会誌「ランドスケープ研究」に、佐藤事務局長の論文が掲載されました。
2009/12/30

日本造園学会「ランドスケープ研究」今回の特集は、「市民力によるランドスケープマネジメント」です。農大の金子先生や明大の倉本先生、あいランドスケープ研究所の菅先生など、市民協働をリードする方々が公園緑地における市民力について論じています。佐藤事務局長は、「市民力を活かす中間支援組織のランドスケープマネジメント」と題し、みどりの中間支援組織NPO birthの紹介と公園緑地で行っているボランティアマネジメントについての論文を掲載させて頂きました。
詳しくは、(社)日本造園学会までお問い合わせください。


(社)日本造園建設業協会広報誌「日造協」に佐藤事務局長の文が掲載されました!
2009/12/24
エコプロダクツ2009タイトルは、「公園緑地の未来を切り開く、新しい協働型パークマネジメント」です。都市公園コンクールでの国土交通大臣賞の受賞を受け、受賞作品の紹介を行っています。内容は、「協働型パークマネジメントの概要、成功要因、公園緑地にとっての協働の意味」です。
なお、佐藤事務局長の投稿文が「広報日造協」に掲載されるのは、これで2回目となります。前回は、2003年9月10日号に「パートナーシップによる新たな公園運営システム」でした。
ご関心がある方は、(社)日本造園建設業協会様まで、お問い合わせください。
「公園」を舞台とした地域再生フォーラムが、自治調査会ニュースに掲載されました。
2009/12/12

自治会ニュース(財)東京市町村自治調査会は、平成21年11月、「公園を舞台とした地域再生〜あなたが主役の好縁づくり〜」をタイトルに、フォーラムを開催しました。

 

このフォーラムは、地域再生のための公園のあり方とその可能性について調査・検討を踏まえ、広く提言するために行われました。
佐藤事務局長は、調査・検討委員を務めており、パネラーとしてフォーラムに参加
しました。
公園は、地域再生の核となるのか?詳しくはコチラから


エコプロダクツ2009展に出展しています!
2009/12/10
エコプロダクツ2009エコプロダクツ2009に出展しています。
今年のテーマは、「問い直せ、日本の力」ソーシャルパワー元年です。
NPO birthは、東6ホール「NGO/NPOエリア」で出展しています。
テーマは、「身近な自然を発見しよう!」
身近なみどりの市民活動や公園を紹介しています。
都市公園コンクールで国土交通大臣賞を受賞しました。
2009/10/30
都市公園NPO birthがパートナーシップで管理運営している都立野山北・六道山公園が、都市公園コンクールの管理運営部門で国土交通大臣賞を受賞しました。

タイトルは「新たな協働型パークマネジメント」です。
市民との協働でつくる公園の管理運営が高く評価されました。
佐藤事務局長が、プレゼンする機会も頂きました。
ボランティア、そして事業パートナーのみなさん、おめでとうございます。

東京都の指定管理評価で優良の評価を頂きました。
2009/09/07
指定管理東京都が指定管理者に対して行っている評価で、平成20年度も優良の評価をいただきました。

都立野山北・六道山公園は2年連続、今回は狭山公園も優良の評価を頂きました。都立野山北・六道山公園は、都民のみなさんと協働で取り組んでいる里山保全事業やレンジャーの自然解説業務や企画展示が評価されました。また、狭山公園は、ブラックバスなどの外来生物駆除などが評価されました。
みなさん、おめでとうございます。
フリーペーパー「FILT」に丹レンジャー登場!
2009/07/20
Photo丹レンジャーが、JTが発行しているフリーペーパー「FILT」に登場しました。
テーマは、「仕事で輝く」です。
インタープリターとしての仕事を通じて「自然と人の暮らしをつなげていきたい」と語る丹レンジャー。使命感の強い、ちょっとお茶目な性格です。
丹レンジャー、本当に輝いています!
J-WAVE「EARTH HUMMING」に丹レンジャー登場!
2009/07/12
レンジャー乗りに乗っている丹レンジャー。今度は、FMラジオJ-WAVEに出演し、公園の楽しみ方をリスナーに伝えました。

丹レンジャーが出演したのは、日曜日の朝に放送されているTEPCO「EARHT HUMMING」。 この番組は、環境・エコ・自然に関わる仕事をしている人にインタビューし、現場の体験から見出した「やりがい」や「たのしさ」「可能性」などを語ってもらい、そんな話を通じて、私たちに地球や環境のことをかんがえたり、自分にできることを見つけるきっかけを与えることを意図しています。

公園緑地管理財団機関誌「公園文化」に蜂須賀レンジャー登場!
2009/03/01
レンジャー(財)公園緑地管理財団が発行している「公園文化」という機関誌に、蜂須賀レンジャーが登場しました。都立狭山公園で、ガイドウォーク(自然観察会)をしている勇士が楽しく掲載されています。蜂須賀レンジャーらしい切り口で、公園の楽しみ方を紹介してくれました。
日本自然保護協会機関誌「自然保護」にNPO birthの活動が紹介されました。
2009/03/01
自然保護協会(財)日本自然保護協会が発行している機関誌「自然保護」に、NPO birthが都立野山北・六道山公園で行っている指定管理事業が紹介されました。みどりのコーディネーターとして活躍するbirthの取り組みが紹介され、同時に、身近なみどりを守るための法制度についての解説も掲載されました。
雑誌「エココロ」に丹レンジャーが紹介されました。
2008/12/01
エココロエコな心を感じる雑誌「エココロ」に丹レンジャーが登場しました。
特集タイトルは「転職で出会った天職」
インタープリターとしての職に巡り合うまでのことが紹介されています。
子供の頃から丹レンジャーには好きな事が2つありました。自然と絵です。
自然の仕事をするか、絵を描く仕事をするか迷っていた丹レンジャーは、インタープリターという仕事に出会います。
月刊誌「ソトコト」でNPO birthの指定管理事業が紹介されました。
2008/06/05
ソトコトエコな人が読む、エコな雑誌「ソトコト」で、NPO birthの活動が紹介されました。ナビゲーターは、ミュージシャンの白井貴子さん。蜂須賀レンジャーと丹レンジャーが白井さんと子供たちを里山体験に連れ出し、さまざまな自然に出会います。
取材の終わりには、白井さんが歌を披露して下さりました。
環境gooで、NPO birthが紹介されました。
2008/05/01
環境gooNTTレゾナントグループが運営するポータルサイトgooの特集ページ「環境goo」でNPO birthの活動が紹介(http://eco.goo.ne.jp/work/npo/vol21/)されました。タイトルは、「みどりをつないで、人をつなぎ、社会を変える」です。身近な自然を守る活動が詳しく紹介されています。
環境goo様には、ご寄付も頂いています。
内閣府発行「社会イノベーション事例集」でNPO birthの活動が紹介されました。
2008/03/21
社会起業内閣府経済社会総合研究所が、社会にイノベーションを起こす起業家についての事例集を発行し、「地みどりのまちづくり」というタイトルでNPO birthが紹介されました!
1998年の設立からNPO birthがどのようなステップを踏んで、ここまで来たのかを、「イノベーターステップ」「アントレプレナーステップ」「ディフュージョンステップ」の3ステップに分けて紹介されています。
NPOを立ち上げ、試行錯誤しながらここまで来たのですが、ターニングポイントが上手く捉えられており、社会起業家を志す人には必見です。