menu

Staff Interview

スタッフインタビュー

エコロジカルマネージャー

久保田 潤一

Kubota Junichi

入社年

2012年

NPO birthに入社する前の職種

環境NGO職員、環境経営コンサルタント

NPO birthで働こうと思ったきっかけを教えてください。

前々職、前職で働いた経験から、日本の環境保全を進めるためには市民の意識向上が何より大切だと感じたためです。
市民とともに環境保全を進めているNPO birthを志望しました。

現在のお仕事のやりがいはなんですか?

大きく3つあります。

1.公園の指定管理業務では、生物や環境の調査を行って課題を把握したあと、対策の実施やその効果の確認まで自分たちで実施できるところが面白いです。
外来種が減少した、絶滅危惧種が増えたといったことを目の当たりにすることができます。

2.テレビ、ラジオ、雑誌など各種メディアの力を借りて、広く生物多様性保全の大切を伝えることです。
応援も批判もありますが、社会を変えるために大きな力になっていると感じます。

3.学術論文や短報を書くことです。難しいですが、楽しさも感じます。
公園業務やテレビロケなどで取れたデータを発表することで、保全のノウハウを広めたり、地域の博物誌に貢献したりできるのが嬉しいです。

休日の過ごし方や趣味を教えてください。

野生生物の写真撮影が趣味だが、育児が忙しくて封印中です。 最近は子どもと一緒に家や保育園まわりの生きものを観察したり、調べたりしていることが多いです。

ある1日のスケジュール

午前の業務

8:30
本部へ出社
9:00
各種資料作成
10:00
テレビ制作会社と番組企画の打合せ
11:00
事務局業務(組織内の調整ごと、オフィス365 のメンテなど)
12:00
お昼休憩

午後の業務

13:00
移動および関係者との打合せ
15:00
移動
16:30
テレビ番組ZOOM収録
17:30
退勤

その他の
スタッフインタビュー

採用情報トップに戻る