menu

お知らせ

NPO birthが指定管理する都立公園4施設で最高評価のSを獲得しました!

2020.9.29
NEWS

2020年9月18日。東京都建設局は、2019年度都立公園の管理運営評価結果を発表しました。評価対象の都立公園等は、全部で94施設。S、A、B、Cの4段階で評価されます。S評価を受けたのは、わずか9施設です。そのうち、NPO birthが指定管理する4つの公園がS評価を受けることができました。

このうち、野山北・六道山公園は評価制度が始まってから連続して最高評価を記録している唯一の都立公園です。また、野川公園は、2019年度から新たにS評価の仲間入りを果たすことができました。野川公園では、「継続的に実施されている動植物のモニタリング調査や市⺠団体との情報交換などを含め、豊富な知⾒に基づく湿地帯の管理作業を⾏うとともに、近隣の教育機関などと連携し、外来種の駆除を積極的に⾏い、正しい知識の普及啓発にも取り組んだ。」として、管理面で高評価をいただきました。また事業面の評価では、大人気イベントの子供向けプログラム「キッズレンジャースクール」や近隣の教育機関の総合学習、初開催の「森の地図フェスタ」での地域との連携強化が挙げられました。

野川公園 自然観察園(初夏)

野川公園 自然観察園(初夏)

キッズレンジャースクール

野川公園「キッズレンジャースクール」

森の地図フェスタ

野川公園「森の地図フェスタ」のエコツアー

この成果は、より良い公園づくりのために尽力いただいた地域のみなさま、公園を愛し、ともに汗をかいてくださったボランティアのみなさま、影となり、日向となり、私たちを支えてくださった東京都職員のみなさまの努力の賜物です。該当公園が高い評価をいただいた喜びをみなさまと共に分かち合いたいと思います。

また、公園の指定管理は、西武造園株式会社をはじめとした複数の企業・団体で構成するグループ(西武・狭山丘陵パートナーズ、西武・武蔵野パートナーズ、西武・多摩部の公園パートナーズ)として実施しています。パートナーのみなさまのチームワークが効果的に機能し、私たちNPO birthの各部局(自然環境マネジメント部、パークレンジャー、パークコーディネーター)も力を発揮することができました。改めて感謝申し上げます。

2020年度に入り、withコロナ時代の公園の価値が注目されるようになりました。こんな時代だからこそ、自然豊かな地域で、みなさんが健康で豊かな暮らしができるよう、NPO birthは、みなさまとともに都市の公園力を育んでまいります。

 

【参考】

東京都建設局ホームページ:令和元年度指定管理者管理運営状況評価結果について

https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/hyouka/hyouka_r1.html