menu

お知らせ

『パークマネジメントがひらくまちづくりの未来』発刊のお知らせ

2020.11.4
MEDIA
『パークマネジメントがひらくまちづくりの未来』表紙

このたびマルモ出版から刊行された『パークマネジメントがひらくまちづくりの未来』は、14人のスペシャリストが次代のまちづくりを担う若者に贈る、新しいまちづくりの必読書です。

NPO birth事務局長の佐藤留美が、「第3章 パークマネジメントのこれから」の「パークコーディネーターがつなぐ公園とまちの未来」を担当いたしました。

“日本では長らく、公園緑地は営造物として「管理」される対象物でした。一方海外では、社会課題の解決の「手段」として認識され、都市の貴重なグリーンインフラとして、教育福祉、芸術など様々な分野で活用されています。

そのためニューヨークなど先進都市では、みどりをまちづくりに取り入れるための仕組みが出来上がっています。その中核になるのが、官民、民民をつなぐ中間支援組織です。各所でコーディネーター役が活躍しています。

長年、海外へ行き、現地を訪れるたび、日本にも新しいパークマネジメントの仕組みを導入したいと、思い続けてきました。その想いを、編集委員のみなさまが受け止めてくださいました。

ぜひお手に取って、まちづくりの未来に想いを馳せ、ご活動にお役立ていただければと思います。

また、編集に携われた林まゆみ先生、金子忠一先生、西山秀俊様には、たいへんお世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。”

NPO birth事務局長 佐藤留美

本書は、これから公園をまちづくりに活用しようとする人々、公園の新しいマネジメント手法に関心ある人々に、新たな展望や哲学を伝える一冊です。

ぜひ、ご一読ください。

 

『パークマネジメントがひらくまちづくりの未来』表紙『パークマネジメントがひらくまちづくりの未来』

判型:A5版
本文:216頁(内口絵8P)
価格:2,530円(税込)
出版社 : マルモ出版 (2020/10/26)

商品説明:

本書はこれから公園の管理運営に携わろうとする人、これまでもそれらの仕事に従事する志を持つ人に新たな展望や哲学を伝え、制度や仕組みづくりに参画できるような人材育成を目的とする。また、昨今のみどりを用いたまちづくりにおけるキーワードやトレンドを取り込みながら、新たな「パークマネジメント」を展望する。

目次:

第1章 パークマネジメントとは
◦パークマネジメントの過去・現在・未来/金子忠一・林まゆみ
◦パークマネジメントを通じた地域課題の解決/赤澤宏樹
◦パークマネジメントの構造/小野 隆
◦グリーンインフラ計画と実装に向けた公園の多面的機能性と連結性/入江彰昭

第2章 パークマネジメントの手法
◦公園の管理運営計画は設置者と市民との契約/林まゆみ
◦公園の管理運営と評価/西山秀俊
◦公園からの健康づくり/竹田和真
◦地域振興に寄与する公園マネジメント/平松玲治

第3章 パークマネジメントのこれから
◦都市に変化を起こすプレイスメイキング/福岡孝則
◦新たな社会システムとライフスタイルの創造/池邉このみ
◦地域コミュニティとパークマネジメント/藤本真里
◦パークコーディネーターがつなぐ公園とまちの未来/佐藤留美
◦環境教育を通したパークマネジメント/中村忠昌
◦地方創生とパークマネジメント/富山大学:金岡省吾/舟橋村(吉田昭博・廣瀬美歩・中井明日香)

マルモ出版リンク:https://www.marumo-p.co.jp/smp/item/B048.html

Amazonリンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4944091680/