menu

NPO birthブログ

「むさしの・ガーデン紀行」が国土交通省のガーデンツーリズムに登録!

2020.10.23
活動レポート
ガーデンツーリズム登録証交付式

10月18日(日)に、広島市での都市緑化シンポジウムに参加してきました!
東京都市大学の涌井史郎先生のご講演、またパネルディスカッションでの国土交通省公園・景観課の五十嵐課長からも、グリーンインフラの活用、特にグリーン×コミュニティの取り組みこそ、社会課題を解決する重要な鍵であると語られました。

涌井史郎先生のご講演

涌井史郎先生のご講演

パネルディスカッション

パネルディスカッション

そしてシンポジウムの最後には、武蔵野の国分寺崖線、玉川上水周辺の緑地を巡る「むさしの・ガーデン紀行」事業が、国交省のガーデンツーリズムへ登録される式典が執り行われました。全国10カ所目、東京都では初めての登録です。

事業の協議会を代表し、事務局の(一社)武蔵野コッツウォルズの鈴木俊彦代表、都立公園の指定管理者である東京都公園協会から神代植物園の颯田園長、西武・武蔵野パートナーズ副統括としてNPO birthの佐藤が式に出席しました。

「むさしの・ガーデン紀行」プレゼン

(一社)武蔵野コッツウォルズの鈴木俊彦代表から、「むさしの・ガーデン紀行」についてのプレゼンテーション。スライド写真は都立野川公園です。

鈴木代表と佐藤

登録証の交付は、鈴木さんの弛まぬご尽力の賜物です!

登録証

東京初!全国10番目の登録です

涌井先生や五十嵐課長の講評、ご挨拶では、貴重な自然と旧くからの歴史があり、身近なマイクロツーリズムの場として、これからの発展を願いますとのお言葉をいただきました。
私にとっては第二の故郷でもある武蔵野エリア。birth発祥の地でもあります。思わず、胸がじーんと、目頭が熱くなりました。

この登録をきっかけに、武蔵野エリアをより素晴らしい地域にするため、エリアに点在する崖線や公園緑地ほか、屋敷林、水辺、農地、すべてのみどりを、グリーンインフラとしてみなさんとともに育み、次世代へつないでいきたいと思います。

NPO birth事務局長 佐藤留美

 

【関連リンク】
第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」の都市緑化シンポジウム
https://hananowa2020.com/news/2020/08/5864/
オンライン配信の視聴→https://youtu.be/B7Ace1e_NAo

開放的な美しい庭園が織りなす癒しの時間を。ー日本ガーデンツーリズムー
~庭園間交流連携促進計画 新たに2 計画の登録を決定~(国土交通省)
https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000351.html

むさしの・ガーデン紀行 -水と緑と歴史の回廊-(武蔵野コッツウォルズ)
https://www.musashino-cotswolds.jp/むさしの-ガーデン紀行

blog category

archive